Eコマース

Eコマース

Eコマースとは電子商取引といい、ネット内で行われる商取引をこう総称しているみたい。

 

田舎者でも成功

って、早い話しがEショップなんかも、こうした電子商取引みたいだし、あの大手ポータルサイトの楽天も、このEショップのプラットホームを提供して、その後にinfoseekなどを傘下に入れて、今ではソフトバンク(yahoo)同様、プロ野球のパシフィックリーグの楽天というチームまで保有している、流石といえば流石な企業である。

 

軌道に乗ってからでも遅くない

当たったというより、Eショップは現実にショップを持たないために、そのイニシャルコストもランニングコストも軽減、低減でき、そういった商品を仮にストックしておくために必要なバックヤードといえば、大げさだが、そのバックストックのみ考えていればよく、小物を扱うのであるなら、パソコンとFAX等と同じ部屋、すなわち6畳程度の部屋でまかなえるのではなかろうか?

こうしたEとつくもののでは、マスコミ各社は自分達のテリトリを減少させられた、いや今や、このインターネット関連の遊びから商売を含める大よその仕事TV・新聞・雑誌などなどのメディアの商売仇のように扱われていて、一昨年は時代の寵児とまで騒がれたあの人までをこき下ろす始末。・・・

 

大手中堅スーパーでも

確かに、街の中心部や大きな駅周辺でも空きテナントも増え、そこだけを見ると景気が?と、考えてしまうが、こしたEコマースなどを鑑みると、あまり考えなくてもいいかな?とも思えてくる。

ネット界ではこうしたEコマースでどんどん稼いでいる人も多くいるようで・・・

そうそう、まぐぞうだとかめるぞうといった、ここのブログのタイトルの一部にもなっている、ebookであれこれの無料情報を入手できるようになっているし。

といっても、ここで手に入れた情報は、誰もが公然として知っているものまである、これってメルマガの購買者数欲しさの管理人のさもしい感覚が見えてくるけど。

まあ、そこの情報は次回から入手しなければいいということにもなってくる。

ここも小説をebook化しているが、別にメールマガジンを発行していないので、あそこスタンドには今のトコロ預けるつもりもないし・・・