配達証明郵便は起業家必須の知識

配達証明郵便は起業家必須の知識

郵便局で郵送する郵便物を、ちゃんと配達しましたよという目的のために、簡易書留と書留といったようなものがある。

配達証明とは、その郵便物を相手先に届けた時に、その受け取り者もしくはその代理人の受領印を確実に受け取り、その証明として、ちゃんと自分自身宛に郵便局からその受領書を送ってもらえ、簡易書留というのは、その郵便物のコピーを郵便局が控えているといったものである。

こういった配達証明などは、一般的には文章などのやりとりで、送った、いや受け取っていないとのもめごとを皆無にするために必要な事もあるものだとか、街角でのキャッチセールスや訪問販売またはお店での商品購入の解約・契約解除の際に行う、クーリングオフ時に、こういった配達証明郵便で扱ったほうがよいのである。

 

相手が萎縮するのは間違いない

こういったちょっとした知識などは起業家だとか個人での自営業または自由業、はたまた、会社でのそういった書面などを郵送したりする業務の人は絶対にもっていたほうがよいと思う。

日本人は、まさかそんな事は絶対にないだろうと思っている、無責任な人が多くいて、実際こういった生半可な気持ちで業務にたずさわられると、後々、周りの人が大迷惑を被る事もある。

 

少しでも知識を入れて

いずれにせよ、大金を稼ぐには、こうしたちょっとした事で、配達証明書などの郵便を扱うということは、相手がいわゆるクライアントの場合であった時に、当然信用面でも大きな功績へのあしがかりとなったり、また、相手に騙されない、いや、そうった悪意を持っている人からもいちもくおかれるということが大切な時もあるしね。

金を稼ぐにはちょっとした知識も貪欲に欲する。
これが国家試験やスキルアップには必要なんです。