不労所得

不労所得

不労所得ってかつては、FXや株などのトレーディングなどの事をいってたのかな?

この不労所得、今やネット界では右も左も上も下も、この不労所得という文字がどれくらい連立しているだろうか?

 

マスコミは見えてない

そして、このネットを使用しての不労所得は、副業なのに本業以上に稼げるときている。
マスコミなどは、いつでもインターネットの世界については、あまり良くない話ばかりをしていて、国会議員までもがこのマスコミの嘘の表現により、ニートという人々がたくさんいるとかって、マジに考えている人もいるようだ。

しかし、このマスコミさんのインターネット界のバッシング、実は、マスコミ界を脅かしているのが現実で、コメンテーター並びにリポーターにいたっても、このネット界がさらに成長することに対しての、自分達の仕事が激減するのがわかっているからなんだろうね?

で、この不労所得について、多くは情報商材などをいうみたいだが、この情報も今では知的財産といって、不労所得でなく、しっかりと知識を身につけたその結果であり、ねぎらいがないなんてものではないのかな?

 

昔はもっと凄かったらしい

また、googleのadsenseについても、趣味のブログやサイトが転じて高額の稼ぎを得る人や、趣味どころかしっかりとした技術系のサイトやブログで同じように稼いでいる人も多くいるようだ。

ただ不思議なのは、こういった人々の、サイトに貼り付けてあるものや商材や無料レポート、そのた無料マガジンやメルマガ等による彼や彼女達の自己報告によると、どのサイトやブログでも、そのアクセス総数が15,000くらいあるということ。

 

閲覧率を増やせば

このアクセスは総数で考えると、多くの情報による、複数ブログのアクセス総数とか、逆に単一のアクセス数なのかは皆目検討はつかないが、実際こうした15.000/日といったアクセス数ってどうすれば導き出せるのだろうか?

誰か教えてくれないかな?