大江戸操作網

またまた東京地区で大停電があった。
といっても、大江戸線(地下鉄)のことだが。…
といっても、東京などの首都圏ではマイカーを持つよりもこうした私鉄を利用して通勤や通学またまた遊びにいくのにもこうした地下鉄などの私鉄が無くてはならないものである。

こうした公共交通機関、私鉄どおしが鎬を削りあって、その輸送運賃などは安価となっているため、こうした交通を利用する人が多くいるのは当然の結果で、大江戸時代よりもはるか昔より、水を治めるのと同様、通勤・通学または遊びの足となる道を治めるものが現代の王者になるのかも?

しかしながら、多くの私鉄の中の大江戸線で今回大停電を引き起こし、その時間帯である通勤・通学客の足に多大な影響を与えたようだ。

また、こうした鉄道は地下にあるため、いくらクリーンな電気で起動する電車であっても、その地下トンネル内の雰囲気温度は風のある地上に比べ当然高くなり、また、電車走行時に発生する、金属製ブレーキ摩耗粉や車輪とレールの摩耗粉や、電車の車体に付着しているゴミ・塵などなども当然のように飛散・飛来しているはずで、また、換気は駅間のみであろうそのトンネル内は、想像を絶するものであっただろう。

で、この停電事故については後日その発生状況なども明確にされるだろうが、こうした事故の発生の多くは、ほとんどがオペレーターミスまたは、発電所からの受電設備の関係者のミスなどである。

こうした停電みたいにはっきりとその状況がつかめるものであったので隠す事はできないが、最近は多くの和菓子・生菓子・生肉加工などの消費期限問題やミックス、偽者などなどの不祥事などが多くあるなかで、もしこれが原発の放射能漏れだったら、確実に隠蔽されているはずだ。