遠距離恋愛って

遠距離恋愛って

遠距離恋愛ってどうよ!といっているのではない。
この遠距離恋愛は今では当たり前で、特に地方での就職がかなりハードルが高くなったという背景もあり、どうしても、恋人と知り合った地域と、その就職先とが遠距離で離れている場所でそれぞれが、寂しい気持ちで暮らしている。

 

愛があれば

そして、この遠距離恋愛は1ヶ月に1回といった頻度でその実を僅かではあるが熟させていっていることもある。

特に東京や大阪の首都圏に就職した恋人に逢うためにJRなどの新幹線や各飛行機会社のジェット機でその恋人の住んでいる地域へ向かっていくことか、逆に里帰りならぬ、実家に帰省することにより、こうした遠距離恋愛をしているカップルは、その日頃の夢を開花させていっているのであろう。

しかしながらこの遠距離恋愛は、その恋人の今暮らしている地域へ出向くまたは帰省後の休み明け前にまた現在の住居へと帰るときには、非常に寂しい、そしてまた1ヶ月後に会えるという夢を思い描かなければならない辛さとが数倍にも膨れ上がってしまう事もある。

 

あれもこれも全てブランド

実は、この遠距離恋愛の多くは、ブランド志向といったものが背景に見え隠れしているらしい?

そう、カレシが彼女が欲しいといった、いわば、軟派な感性が現代人にとって大きくなり、かつてのような硬派的な感性を持ち合わせている人は今では全くいなくなったとも言われている。

こうした軟派といったものは実は、今も昔も変わりなく、昔であるならば、お節介な近所のおばさんだとかが適齢期という名目でお見合い話を持ち込んできたというのが筋であったらしいが、こうした見合いよりも、自身は恋愛をと望む多くの男女が、まず、友人・知人達に対しての見栄だとか、正直な話、同性の友人達と内心では付き合いきれず、その寂しさを紛らわすためにカレシ・カノジョを求め、特にGWだとか、お盆休みまたはお正月などに、繁華街近くの出会いの場所と思われている、ただ単に、求め合う男女が集まっている場所へ、足を運んで、その勝手な勘違いで伴侶を見つけたと思っているのだが、こうした時期に出逢うというのは、やはり、こうした遠距離恋愛になる可能性が高くなっているようだ。