リテラシーが低いと。・・・

リテラシーが低いと。・・・

リテラシーが低いと、ネームバリューに頼りたがるという発言が多くなってきた。

このリテラシーは、う~ん?
どこかのTVの報道番組だったか?
局アナだったか?
フリーアナだったか?
それとも、コメンテータだったかな?

 

別の呼び方は無知

まあ、このリテラシーが低くなると、当然収集に走るために、その道はネームバリューであるサイトまたは企業へ向かうとなるはずだ。
というのも、このネームバリューのサイトまたは企業は広告を出す。
この広告が最上位でヒットする確立が高くあるためで、当然のように、その箇所狙いであるもののために、高額の広告料を準備している。

この広告料は、TV・新聞・雑誌などで広告を出すと商品は売れる確立も高くなり、商品だけでなく会社のイメージも上がってくるからである。

となると、こうした広告にお金を払えば、その広告料は経費という扱いになるため、どんどんと広告を出してくる。

 

ぼったくりかも?

ちなみに、TV(NHKは除く)は、もとより新聞や雑誌などはこの広告料だけでかなりの収入を得ることが出来、あのCanCan等は、号内に掲載される会社やインターネットまたまた商店やブティックなどの広告費やスポンサー料として支払われる金額だけで確実に元は取れているようで、あとは、雑誌を購入する人々(一部会社有り)の購入費はすべて儲けとなるらしい?

で、このネームバリューについてだが、今年になって世間をにぎやかしているあの食品関係の虚偽表示などの商品については、誰もが知ることが出来ないために、どうしても美味しかったというものに飛びつくのは別としてもよいが、やはり、こうした企業や商店を信用した結果になるので、リテラシーを高めるためには、ちょっと難しいかも知れない?