感冒(風邪)

感冒(風邪)

急激に例年通りの気温になってきたため、あちらこちらで、コホンコホンと咳き込む音が聞こえてくる。

やはり、風邪の季節になったか?
これは気温の低下にあわせて、空気が乾燥してきたというのも手伝っているのだろうが、一番には栄養を取っていないのか?それとも、これまでの疲れが出てきた人が多いみたい。

で、この感冒にかかった時に、腕をちょっとさわるとものすごく痛い。

その痛さは飛び上がるくらいで、他人の腕をちょっと触っただけで睨みつけられること間違いない。

こうした腕の疲れは、最近ではパソコンを使う時間が多くなったのと、目の疲れなども影響している。
(腕が疲れていたら、太もも又はふくらはぎも同様)

常日頃、こうした箇所に疲れがたまってないかと、自分自身でマッサージをおこなっているが、こうした風邪は実は、身体にとっても大事な病気なのかもしれない。
というのも、風邪を引きその結果身体の体温がドンドン上昇する、そう、この体温が上昇すれば、実はあの痩せるために必死でマッサージしている、そう、リンパが動くのである。

このリンパが動くというのが何故わかるのか?
実は、風邪の治りはじめに、左胸が痛む事がある。

そう、これこそが、リンパが働いている結果、その左胸に痛みが出てくるのである。
この左胸には実は心臓にリンパ液を戻す管があるのだ。
運動して、左胸が痛むのは心臓への影響かそれとも?