クランチャー

クランチャー

腹直筋を鍛えるのに色々な筋トレ(筋肉トレーニング)があるが、クランチャーというひとつの手法がある。

このクランチャーは、ベンチのへりに足を乗っけて、そして腰をフロアから浮かせる。
そして、この腰を上にさらに腹筋のちからだけで押し上げていくのだが、このトレーニングは結構きつい。
というのも、腰の押し上げの前に、太もも後ろ側がとにかく張ってきついのである。

 

ハムストリングとも

腹筋にいくら力をいれようとしても、この太もも後ろ側の筋肉、すなわち、大腿2頭筋だったかな?
この後ろ側の筋肉が張って張って・・・

当然、こうしたトレーニングをしていると、この太ももの鍛えているのは筋肉なのだが、この太ももの後ろ側の筋肉が疲労しているので、それはそれは、後々大変な事になることもある。
それは、家出まったりとしている時間に、ちょっと気を許して、寝返りだとかふと身体の向きを変えようものなら、脚が攣ってしまうこともあるのだ。

こういった普段使わない筋肉といっても、こういったトレーニングでしかそういった動作はしないので、ここを鍛えるというのでなく、ほとんど使わない状態でいるので、こうなってしまうのであろう。・・・

 

超って

しかしながら、こうした超回復を考えながら鍛えていると、この目的の筋肉トレーニングは、腹直筋なので、誰もがうらやむ6つ割のかっこいいボディへと変身できるのである。

最近はダイエットとかシェイプアップは簡単なものを取り入れたがる人が多いが、こうした筋肉トレーニングやボビーのようなもの、そして、バランスよく痩せて鍛えるボクササイズも中々いいものである。