太陽光発電とオール電化

太陽光発電とオール電化

地球温暖化などの諸問題でクローズアップされているのが、クリーンなエネルギーの原発に風力発電またまた太陽光発電によるものなどがある。

そして、この地球温暖化というものは、我々一般家庭においてもCO2(2酸化炭素)の排出量であり、こういったものを抑えるというと考えれば、オール電化といったものがある。

 

超便利

実は、我が家はオール電化まではいかないが、『電気調理器(IH)とラジエント調理器』を使っていて、まだまだ一般家庭に浸透しているガスコンロは既に無い。

このIHとかラジエント調理器の利点といえば、地球温暖化をストップさせる事に貢献できるクリーン調理器というもののほか、実はガスコンロのように火によって温める時の炎などが発生しないために、熱くならないのである。

そう、五徳から炎が出ないから、鍋内及びその周辺に身体、その中で一番近づく手も熱くならないし、そうした炎が外部に出ているためのロスもないのである。

ここにあるブログでもあれこれ男でも簡単に出来る料理というものをかなり掲載しているが、その料理も全て、IHやラジエントを使用して調理していて、その調理時間が短いために、こうした簡単料理としての紹介もしているのである。

 

火災予防

こういった電化製品、実は、マンスリーといったような賃貸住宅は、全て電化製品がセットされている。

そう、暖房器具も調理器も・・・
まあ、これは火災とかの予防もかねているからで、また、そうした不安全な機器を使用するために、短期間の賃貸契約となるとおそらく、火災保険などなどの契約なども難しいのかな?

というわけで、いずれは?
我が家もオール電化住宅をとなるのだろうが、そのときに売買電できる太陽光発電か、今普及しつつある、家庭用のポータブル太陽光発電、または、将来的にあるかもしれない、家庭用風力発電が導入できればいいのだが?