女性用ウイッグ

女性用ウイッグ

ウイッグといえば、かつら、ここ最近ネットのCM(広告)でも、男性用のものが多く目立つが、つい先日、とある地域がこの『ウイッグ』を製作しているというものを小にはさんだ。

そのウイッグとは、あの女性用の日本髪のかつらである。
かつては、この女性用の日本髪のかつらは、和式の挙式も多く、また、京都や東京等のそれこそ料亭だとかでは、こうした日本髪のかつら(ウイッグ)を求める声も高かったのではなかろうか?

 

女性も薄毛

しかし、こうした日本髪のかつら(ウイッグ)よりも、更に深刻な話もにしている。

そう、そのものズバリ、女性用のそのものの薄毛を隠すウイッグについてで、かれこれ10数年前から、若い女性も含め、ヘアーダイ、ヘアーカラー、カラーリングといえばいいのだろうか、中年の女性が白髪染めのためにしていたものが、最近はその年代よりも、はるかに若い年代の女性がこぞってカラーリングを行っている。

このカラーリングの影響で髪が異常に傷み、その結果薄毛にkなり、若い女性も、薄毛に悩んでいて、こうしたものを隠すためにウイッグの需要が伸びているというのだ。

 

そんなに差は無いのに

全てはカラーリングだけではないのだろう、サプリメント流行の現在、美容室でパーマ、ストレートパーマ、そしてヘアーカラーだけでなく、サプリメントや薬などの影響も多大にあるようだ。

また、こうしたかつらというかウイッグ、今では髪を伸ばしたようにエクステ(エクステンション)の技術もあがり、芸能人(タレント・グラビアアイドル・女優)の中でも、こうしたエクステで変身をしているのだが、あんがい、そうした人々の中にも、女性用かつら(ウイッグ)の愛好家がいるかもしれない?

 

脱色で

よくよく考えてみると、あの茶髪の原点である、あの色染め、もとい、色抜きは当然髪を傷めているのは誰が聞いてもわかるものである。