ヘアカラー 白髪染めから、ナチュラルカラーまで

ヘアカラー 白髪染めから、ナチュラルカラーまで

いつの頃だったのだろうか?
はじめは白髪染めとして当たり前のようにその年代になるとヘアカラーをしていたのだろうが、今では、ヘアーサロンへ行くと4時間5時間は当たり前。

カットにカラーリングにトリートメントにパーマetc、女性が美しくなるために、いや、美しくいるためにそれだけの時間は2月弱に1回は、ヘアーサロンに通っているようです。

 

汚れている洗面台

中にはこうしたヘアカラーやカラーリングの白髪染めはモールだとかのトイレ、又は、スーパー銭湯(スパ)のコーナーでチョコチョコやっている人もいるとかいないとか?(注意:これは男性の話です。美しい女性にはそんな人はいないですから)

で、このヘアカラーも今ではとんでもないほど多色のものがあるようで、あの叶姉妹の妹のような赤色(レッド)、たまにというか大阪のおばちゃんが染めている紫色(バイオレット・パープル)などがあり、こうした紫色でも、後者のパープルは、殆どの色のいやカラーのものに含有されているようだ。

 

今ではめずらしい黒髪 ↓

ヘアーカラー,カラーリング,黒髪

 

こうしたヘアーのカラーリングは、確かに黒髪のアジア系日本人にとっては、顔が優しく見えると言うメリットもあり、また、願望である白人系の金髪だとかに近づきたいというものと、目立ちたいということなどがヘアーカラーへとなるのだろうが、自身は白髪染めしているおばさんが、若い女性のヘアーカラーをしているのを見て、ああだこうだといっているのを見るととっても面白い。

 

んなアホな?

こうしたカラーリング、昔はカラーを合わせるだけでかなりの長時間を要したようで、実際に金髪の外人の人を呼んで色あわせをしたとかしないとか?

しかし、このカラーリングの弊害は当然あるようで、女性も若くして薄毛に悩んでいるんだとか?
そういえば、ヘアーのカラーリングでなく、ヘアーの色抜きをオキシドールで行っていたとかを聞くとね・・・?

また、こうしたヘアーカラーはマニキュアタイプといったペン型のものもあり、パーティなどにお呼ばれしたときに、ちょっとした変身にも使える。

 

いいじゃんマジョリティでも

そういえば、とあるグラビアアイドルが、白人系ハーフに生まれたかったけど、それはどーしても叶わない願いであるので、せめてでも・・・と言っていたような?

ちなみに、数年前に黒髪に戻るといった状況もあったようなのだが?
これはヘアーカラーをはじめた、女優さんや宝塚のスター達の芸能人が、進めないとねえ。

 

<<参考1>>

ヘアーカラー,カラーリング,黒髪1

 

<<参考2>>
ハーフ・クォーターの人のヘアーカラー(自毛)

ヘアーカラー,カラーリング1

 

ハーフやクォーターの人は、白髪でなく、ロマンスグレーというのはこれいかに?

ヘアーカラー,カラーリング2

 

<<参考3>>
男性でもカラーリングしていますから。

ヘアーカラー,カラーリング