きょにゅうすきー

きょにゅうすきー

関西の読売テレビ系で大人気の『なるとも』(なるみと陣内智則)がMCを努める番組で、放送は月曜日~金曜日の朝9時55分から11時20分でのヒトコマで、このきょにゅうすきーというものがあった。

 

ネイティブ

じゃあ、このきょにゅうスキーとは、このきょにゅうスキーと世の男性型の多くが仕事中や仕事を終えて帰宅後、またまた思春期の僕達がひっそり、こっそりとネットで検索しそうな言葉であるが、このきょにゅうスキーとは一体何なんだろうか?

そういえば、堺正章とクリームシチューがMCを努める世界一受けたい授業でも、たまに紹介されるもので、キューポン(クーポンの事)とかというものもあった。

話はなるともに戻って、特にこのなるとものゲストは関西ローカルといっても西日本のいくつかの系列局をカバーしているのだが、そのゲストといえば、全国ネットのアーティストも出演するのだが、そのほとんどが、関西中心のお笑い芸人で占めていて、麒麟やブラックマヨネーズそして、友近だとかこのたびヤッターマンの実写版に大抜擢された、あのアイドルの深田恭子、いや、もとい、その脇をかためるケンドー小林といった芸人の他は、ほとんどが全国的に名前の売れていない芸人さんたちばかりへの出題のような、このきょにゅうすきーという言葉であった。

 

講師もつかみを

実は、世界一受けたい授業でも英会話の講師、英語教師の人が、日本でにする英語のほとんどの発音は全然違うのであるというのを口をすっぱくしていっているのだが、このきょにゅうすきーは、”Can you ski”というもので、日本人が習う英語での発音では、キャン・ユー・スキーとなる。

それをきょにゅうすきーと発音すれば、英語圏の人々のには、ちゃんとcan you スキー(あなたはスキーができます)となるのである。

確かに、ロシアはルシアと発音し、サンキュー(Thank you)は、店休ー(てんきゅー)、観光は斉藤寝具(Sightseeing)サイトーシングと発音すればいいというのと同じなんだろう。