成功の法則は本当にあった。

成功の法則は本当にあった。

成功の法則』があるとするならば、もしかして、これがその成功の法則なのかもしれない。
それも、いとも簡単にこの『成功の法則』を手にすれば、その仕事では一生安泰となることさえある。
結論から行けば、まず、会社を休まない、そして、仕事はやらなくてもいいということである。

 

要するに脅し

毎日、会社に出ては遊んでいて、毎日遅くまで遊んでいれば、そのうち出世街道をまっしぐらに歩く事が出来ます。

この方法はあなただけにお教えします。

 

仕事しなくていいんだよ、出来ないって弱音をはけばいい。
そして、あいつみたいのに成績もよくなくてって俺はあたしは何をやってもダメなんだって弱音をはけばいいんです。

 

これからも通用するかは?

仕事でもでしゃばらなくてもあなたに期待していない上司は、その他の部下にあなたの仕事もやらせていますから安心してください。
芸能人でも、ハチャメチャな人が殿とかって持ち上げられているじゃない。
そうそう、ちょっと仕事にやる気をだせば、それはそれは上司は大喜びだから。

でたらめ?

この成功の法則は嘘ではないんです。
国家公務員でも地方公務員でも、そして大手企業や中小企業でも、ちょっと組織がいくつか多いといった会社で実際行われていることなんです。

出来る奴にやらせればいいじゃない。
そうすれば、俺またはあたしの地位は安泰で、更に上に行くチャンスもあるし・・・

 

そう、上司は出来ないあなたの事を必死で守る体制にはいっているんです。
そのために、言いやすい人に仕事を多く依頼して、そしてあなたには、全く何も言わずあなたの本来の仕事は他の人へ依頼していますから。

これがサービス業で接客と言う立場でも、客がクレームをつけてきても、あなたはそれが原因でやめなくていいんです。
やめるのは、あなた達の上司をディスリスペクトする、あなたの仕事までやってくれていた人なんですから。・・・
ね、誰でも成功するんです、弱音を吐けばね。

しかし、その辞めていった人は先で喜びますね。
えっ?それは何故か?

それは、あなたの出世はそこで終わります。
そして、あなたの勤めている会社または行政は、倒産するか解体してしまいますからね。