電話秘書代行いたします。

電話秘書代行いたします。

電話秘書代行します
こんな仕事誰が気付いたんだろ?
あなたに代わって電話の取次をいたします。
お電話番号はTEL 0120-1234-xxxxxxです。

それに、私設の私書箱も・・・
実際、この電話秘書代行はかれこれ10年以上 いや、それ以上も前々から商売として成り立っていたらしい?
この電話秘書代行は、秘書検というスキルアップで資格を保有しているそうです。

 

格式あるように見せかけるため

実は知人が保険業他を営んでいて、その保険以外の仕事の時の為に取次ぎの為に代行というものを頼んだらしい。

数年前、有限会社というものの新設は無くなり、株式会社の設立というのが簡単に出来るようになり、こうした電話秘書代行という商売も大人気で、職務は、かかってきた電話に、おって担当者よりご連絡いたします。と、一旦は顧客というかクライアントの契約者の電話へかかってきた情報を連絡するだけで良いものである。

最近はNTTドコモ等は、その利用携帯電話のカバーエリアも格段に広がり山間部での仕事中であってもすぐに応答、いわゆるレスポンスもよいために、1人でも多くのお客とのコンタクトもスピーディにかつ丁寧に応対できるために、客側にとっても大変便利なものになっているようだ。

 

おいしいお客さんは遠征ばかりの公務員

実際、保険代理業を行っている知人も、そっちの仕事についての客は、自衛隊等の国家公務員などもいて、遠征後の契約改正など一つも逃さないくらい、ほぼ100%の契約改正率なんだって。

電話秘書代行というのも、先に書いたように実際秘書検保有者であるため、応対もしっかりしていて、普通の企業の電話の取次者よりも、安心して電話をかけられるらしい。

こういった職業が先だったのかは調査不足だが、あのウイークリーマンションなどもシナジーとして発展してきたというのも有名な話である。