電子マネーのチャージ方法

電子マネーのチャージ方法

電車やバス等の公共交通機関乗り物の乗車用のスイカにイコカ等、そしてコンビニのナナコに、世の中電子マネーがずらりと揃ってきている。
これにJTからはtaspoというものまで発行され、今までのキャッシングのカードと違う、チャージ方式のカードが主流
となり始めてきている。

 

一般的なカードのように

こういった電子マネー、『キャッシングカード』のように銀行に預けている預金などから引き落としでなく、チャージと言う方法で入金をして、残高分でバスや電車などの公共交通機関に乗車したり、コンビニで商品を購入したりするということで、殆どのものはその自販機などでもチャージできるようになっている。

また、コンビニなどではコンビニの店員さんにチャージするお金を渡して、このカードをカザス事によりお金をそのカード内に預けておくのである。

また違う方法で、携帯電話をカザス方法もあるのだが、これは電子マネー方式とは違い、どちらかといえば、キャッシングカードと同じ出金方法となっている。

こうしたチャージング方式の電子マネー、メリットいえばさほどないようだが、あえていうならば現金を持ち歩かなくても良いということが一番ではなかろうか?

 

バスに電車に

逆に、こうした電子マネー方式にすると、電車やバスなどの公共交通機関を利用するための、かつては定期券などの代替品であり、窓口で購入する時に、その電鉄会社などの従業員との直接のやりとりという状況が発生し、こうした従業員を雇うための賃金が乗車賃に上乗せされるものが無くなり合理化となるというものと、現金を扱う、こうした従業員の搾取というデメリットが解消されるほうが大きくなってくる。

実際、ここに記したスイカやイコカなどはこれからスーパーやコンビニなどでも一部使用できるようになっているようで、益々、こういった1枚の電子マネーで乗車だけでなく、物品の購入まで出来るようになってくる。

 

あえて

ただし、あれもこれもとなるとその1枚の電子マネー内に多くの金額をチャージしなければならないというデメリットも発生してくるが、あえてメリットを探すとなると、そういった公共交通機関の乗車のために購入した電子マネーのチャージを、その電鉄会社の販売機だけでなく、スーパーやコンビニでも出来るということがある。

また、こうした電子マネー、キャッシュカードと同様、カードを使用すれば使用するほどポイントが付与され、そのポイントを還元できるものがついているのが嬉しいものである。