コールセンターの設置基準は

コールセンターの設置基準は

コールセンターとは、一般的には大手企業のサービス部門、いわゆる苦情などのクレーム処理等を行う部署の事をいい、こうしたクレームの受付を行いながら、そのクレームの内容を自社の商品の改良などや新商品の開発・研究へと導いて行けるし、昨今では、マーケットの開拓・調査なども行う専門会社も設立されているようだ。

 

逃げ口上ばかりの担当者

実はこうしたコールセンターは、多くある通販会社や、通販専門で店舗を構えない会社などなど、今や電話一本で勝負する企業も増えてきている。
また、ネット界でも同様、書籍から家庭にある必需品そして娯楽品までも扱う会社も多くあり、『通販大手のあの会社や 楽天 そして携帯事業まで参入しているyahoo』など誰もが知っているいわゆる既知のものもある。

このコールセンターもTVのコマーシャルなどでお馴染みのものもあり、多くの電話応対オペレータがいるというのが呼称の第一条件であるらしく、女性だけでなく多くの男性オペレータも昼夜応対している。

 

巨大化するかも?

こうしたコールセンター古くはNTTの電話番号案内104が有名で、今ではこうしたコールセンターと呼べない極々少人数で対応する電話秘書代行なども、将来的には働く人口減などでコールセンターのように巨大化していくかもしれないね。

それから、こうしたコールセンターの設置を考えている企業も多くいるようで、昼夜を問わず24時間電話対応する自動車保険会社もおそらく、今現在やっている業務を拡大する目論見も持っているようだ。