コーチング イノベータ理論

コーチング イノベータ理論

コーチングとは、ティーチングのように教えるという基本概念とは全く逆の、本人の底力を発揮させるために、そう、本人の潜在している力を表に引き出す事をいい、そのすぐに思い浮かぶコーチングといえば、スポーツ選手の個別のコーチが出てくる。
特にこのスポーツなどではオリンピックのような個人種目で更にワールドレコードと言うものがあるものについては、このコーチングをするものの力添えは本人の100%の力を出し切れるものと思える。

 

似てもにつかぬ

実際、こうしたコーチングを社会というか企業や個人会社等で取り入れられていて、コーチングによって従業員の力は常に及第点となれば会社の存続にも安心できるものもある。
また、こうしたコーチングは実は、こうしたブログやホームページといったサイトの記事にも大いに流用できるもので、その多くあるコーチングを行ううえで戦略コーチを基にしていく理論のなかにイノベータ理論というものがある。

 

iPad販売時も当たってた

このイノベータ理論、本来は消費者の商品購入に対するものを5つに分類して商品を販売するためにそういった5つに区分けされる人々の思考や心理をつくもので、大手の企業の商品開発部門では、こういった理論を基にしていき、またクレームなどの処理部門や営業部門についても、このコーチングを行ううえで大切な消費者の心情をうまく活用させている。

 

知らぬが儲け

実際、TV等でクレーム対応部門がうまいこと消費者の懐に入り込み、かつ、その商品の弱点までも聞き出せたことにより、改良品ではほぼ満点をだせるくらいのものに仕上がる事も多々有り、購入者の環境の違いにマッチできる新商品の開発にも期待できているらしい?

このイノベータ理論、革新的と書き直した方がわかりやすいだろうか?
また、こうしたものはコーチングというものも取り込んでスキルアップする方法のひとつともいえる。