全裸をチェックしたわけではないが、

全裸をチェックしたわけではないが、

研修会や丁度この時期夏の海開き数日前に”超ラッキー”な出来事をいくつか経験した事がある。
まず、海開き前の海水浴場での夜の事。
海の家はまだオープン前で、その準備作業にもはいっていなかった。友人たちと”ワイワイ”と騒いで、そのままテントでごろ寝していたが、あの元で”プ~ン!”とうるさい蚊が迷い込んできた。

 

気にしてなかった

友人たちは、気にせず寝ていたようなので、一人、側に駐車しておいたマイカーに移動しようと、テントを出た瞬間真っ暗な海の家の中に真っ白い物体が見えた。
その”正体!”は…

アダルトな女性

なんと、夜の海で泳いでいた他のグループのアダルトな女性たちが数人、全裸でシャワーを浴びていたのである。
丁度、満月で、そのシャワー室も扉が設置されていなかった。(水は出たのだろう。)
あのときは、携帯を持ち待ちうけ画像ということすら思い浮かばなかった。

 

こんなことは研修会のホテルでも数回経験している。
そう、露天風呂がある大きな旅館の女性風呂の脱衣所が丸見え。これは丸見えというより、横格子が張ってあるので脱衣所の中では気にならず安心なんだろう。
そして、これは国民宿舎でもあった。
風呂の窓は高窓、となると、通常一階にある風呂は、2階以上の部屋からだと丸見え。
結構ラッキーなこと多く経験しています。

 

レントゲン車

また、春の社内での健康診断の時、女性がレントゲン検診をするときは検診車の扉は閉められカーテンも当然閉まる。
そんな時たまたま通りかかったら、一人の女性が扉をあけて出てきた、その瞬間にカーテンは”見事”強風にあおられ、その中にいた上半身が下着姿の後輩が…

その後輩に”見たな~”と言われたまでは覚えてない。

夕刊フジ記事 172 links