スキルアップ 外国語習得

スキルアップ 外国語習得

業界大手のあのNOVAが会社更生法により整理中となり、こういった外国語の語学習得には皆どうしているのだろうか?といっても、まだ外国語を習得するための予備校と言うかスクールは他にあるので大きなお世話なのかも?

しかしながら、国内各地の駅前だけでなく、デパートやモールはたまた大型スーパー等の店内にも出店していた企業であったためその後の閉店や整理などが行われ、現在ではその場所に出店していたことすら記憶から薄れてきている。

 

何故?

何故語学なのか?
最近では、大学で中国語を専攻する生徒も多くというか、これは今に始まった事でなく20世紀後半には当然のように始まっていて、そういった時期にヨーロッパ言語というかフランス語などを習得する人を、周りの人は不思議がっていた。

欧米かっ?
欧米人は合わせて6億人くらいしかいないのではないだろうか?
その反面、中国人は軽く10億人を超えていて、そのハッキリした数は未だに不明確、そう、中国政府の公称が10億人という事だけで判断しても、この10億人という国の宝といわれる国民を相手にするためには、当然のように中国語も習得しなければいけないということである。

ここ広島でも、安芸の宮島とか原爆ドームや平和記念公園や原爆資料館などなどの観光客に中国の人が多く来ているのは、これも今に始まったわけでなく、古都である京都などの駅でも中国の人が多く観光に訪れているというのをかれこれ10年以上も前から知っているものとすれば、大学の外国語の専攻を中国語というのはわからなくはない。

 

足を運んでくる

そして、こうした中国という国は今や、こうしたブログやサイトに足を運んでくるゲストの足にまで影響を与えているというのもこの度のgoogleとのタイアップにまで踏み切ったニュースをにすればわかるのではないだろうか?

しかし、こうした中国語だけが今後というわけでない、欧米人はまだ6億人いや、英語圏というか英語を話す国はそれ以上の人なのかもしれない?
ということで、通信教育などでは、英語の基本と言うか外国語習得の一番大切なリスニングが難しいものもある。
なにせ、日本人はローマ字が英語と同じと解釈する傾向にあるし、こうした聞き取りができれば、年齢に関係なく語学を習得することが出来るのである。