一般常識と諺はスキルアップには必須です。

一般常識と諺はスキルアップには必須です。

一般常識と諺は文系の国家資格には必須です。あえて文系としたのも、それは弁護士や裁判官になるための司法試験や行政書士または司法書士や弁理士などなどの資格で、あと、国家公務員や地方公務員にも当然必須となるのだが。・・・
その前に危険物取り扱いは(未経験者でも簡単)転職にも有利で人気な資格のひとつです。

 

社会常識と

実際、今年あった出来事も含みながら社会的常識とはまた違った一般常識は、多くの国民が知っている、一度はにしたというようなものがメインで、諺についても、聞き間違いや思い違いしてそうな問題が過去問に多く出されている。

諺といえば、『暑さ寒さも彼岸まで・・・』
丁度、春の彼岸と秋の彼岸とがグンと変わってくる気温の事を言っていてというのは誰しもがご存知の事なのだが、『情けは人のためならず・・・』という、諺は、人に情けをかけると人のタメになりませんからおよしなさい。というのでなく、人に情けをかけると、その人にではなく、情けをかけたご本人にも良いことがありますよということであるが、ほとんどの人が、前者と思っている。

 

自分主義

まあ、これは日本人特有の自分主義というものが、頭にあるから、自身の損得勘定で生きる多くの日本人の感覚では無理なのかも?

医者の不養生・・・』なども、医者は患者や病人にはああしろこうしろ、そうしてこんなことをしていたから病気になっただろううがだとか言うけれど、自身の事はなにも用心もしないということで、すなわち、他人の病気は治すことが出来るかもしれないが、自分は養生などしないので、肥っていたりしたり不摂生な奴が多いという事である。

 

勘違いは自己中だから

こうした諺、まだまだ勘違いしているものも多くあるようだが、現代に当てはまらない諺でもそういった資格試験に出題されることも多々ある。

じゃあ、、理系の国家資格の一般常識ってどんなものなのか?

これは学識といって、例えば機械関連のものであれば、水柱だとか水銀柱だとかの圧力の関係した問題や、元素記号の中で原子と分子の問題、また圧力がらみで気圧だとか、気体の重さなどなど。

これが電気だと、伝導性だとか水絡みのものだとか、当然電気一般的な基礎的なものや、ちょっと先に行って、街中にある電柱に取り付けられているトランスの絶縁油関係だとかもあったりする。