宝くじが当たって大金を手にする人と、当たらない人

宝くじが当たって大金を手にする人と、当たらない人

一攫千金を夢見て宝くじを買う人は多くいます。
しかし、この宝くじが見事当選して大金を手にする人と、当たらない人との違いはどこなんだろうか?購入者の強運なのそれとも凶運なの?

まず、当たる人の話を聞いてみると。

といっても、数人のお方をTVで拝見しただけで、その話を鵜呑みにして解釈しただけだけど、まず、お金を持っている人に当たるというのがあった。
これは、お金に余裕という事で、”購入枚数を多くした人”というものです。
それはそれは、ニコニコといい笑顔をしてたけど、確かに数千万円から数億円までと思えば、確かにニコニコ顔になって当然である。

 

購入枚数を多く

そして、次に、同じく購入数を多くするというので、その窓口一本だけでなく、隣またその隣と前窓口で買うという方法。(サマージャンボ、ドリームジャンボ、年末ジャンボ等)

で、これが一番多いのが、黄色い財布だとか袋、またはピンクの袋に入れて北の暗い所に購入した宝くじを保管するというもの。

そして、次に夢編。

やはり白ヘビ

この夢編の中でダントツに多い良い夢が白ヘビの夢である。
実際過去に白いヘビの夢を見てお金を手にした経験は自分はなんと5割の確立。
しかし、宝くじ関連サイトの、それも高額当選者の方々のお話によれば、人生の中で一回きりのその白ヘビの夢で大金を手にしたように表現されているものもあります。

果たしてその白ヘビの夢を見ての確立はどうなんでしょうか?

 

亀の大群も

次に、亀の大群が一斉に大海に泳ぎだしたというものや、やはりヘビが出てきてその尾っぽにロトの数字が付いて出てきたというもの。

亀の夢はまだ見たことがないが、数字の夢は見たことがある、しかし、その数字は起きた途端に忘れてたので、これもどうなのか?

 

ご褒美?

宝くじに当たる人は、これまでグチもこぼさずタダがむしゃらに働いてきたご褒美だという人が多いですね。
しかし、実は宝くじに当たる人は、とにかく”ついていない人”というのが、これまでの傾向で判明しているらしいです。
ただし、これは販売側は一切そんな話を口にしていないのだが・・・

それは何故か?
それは売れなくなるからで、とにかくここで出ました、高額ですというものばかりの宣伝口調ですからね。

となると、大金を手にするのはやはり強運なのか?

宝くじといえば宝当神社と南蔵院の住職

・宝当神社とは、九州の佐賀県唐津市にある高島という離島にある神社で、島起こしで有名になった神社があり、連日宝くじの当選を願う人の参拝が途切れないくらいの人気の金運スポットで、島内にあるいくつもの販売店で宝くじグッズが販売されていて、そうした宝くじグッズは島民の内職によるものだそうです。

南蔵院の住職とは、同じく九州の福岡県篠栗町にある高野山真言宗南蔵院住職さんで、ドリームジャンボにナンバーズなど複数回当り合計当選金額は4億円以上といわれています。

宝を当てるには夢見も大事

・蛇が有名ですが、亀が泳ぐ、女性の先祖の夢、数字の夢というのが多いようで、山口の男性の方は、蛇の尻尾に高額当選の数字が連なって出てきたといわれてました。

お金は綺麗なところがお好き

・トイレの掃除や玄関の掃除は売れている芸能人も実践していて、門前の掃除とかは、特にお店の商売繁盛は掃きこむといって、ゴミを塵取りに入れるときに店側に掃きこむと良いそうです。

また、キッチンやお風呂の排水とかあとトイレなど下水の処理として、愛媛AI-2 を使用すれば、下水管内が綺麗になりますが、日常やらなくてはならないのは、室内の掃除で、忙しい人には仕事中に出かけている間に掃除をしてもらえる、お掃除ロボットで綺麗にして大金をゲットするのがいでしょうね。

4億円ランキング

おしゃれで綺麗好き効率スピードアップ リモコン付 お掃除ロボット クリーンスター