塾なのか家庭教師か?・・・

塾なのか家庭教師か?・・・

部活も終え最終局面に突入した中学3年生。
部活があるので親には成績については少し大目に見てもらっていたけどこれからは本腰を入れて勉学に励まなければ・・・

そんな考えを持っている君達、じゃあ、今まで進学塾とかには行ってた?
それともプロの「家庭教師<」?いやアルバイトの家庭教師かな?

 

多くいるのでは

いや、どっちとも・・・
という受験生も多くいるのではないだろうか?
確かにその塾というのも通うのは週に2回とかでなく、ほぼ毎日という話であるという事などさらさら考えていないというのではないだろうな?

ここでタメになるであろうお話をひとつさせていただきます。

塾に週に2回だとか3回だとか、それ以上のほぼ毎日通っている人は大きな勘違いをしてしまう可能性が大!なんだよ。

 

勘違い

家庭教師で週に2回とかやっている人はやはりマンツーマンということより、環境下が自宅でという安心安全そして、実力をジワジワつけられているのならまだいいが、まず、先に言えば、塾は入学のパスポートを手に入れたと勘違いしやすい環境にある。
というのも、通うということは、それだけ実力がつくという意味でなく、ただ単に通っているだけで、そこで行う勉強も模試とかただ単に試験勉強の問題だけの練習をしているだけで、いざ、試験となった場合に、その実力すら発揮できない状況に陥る人が多くいる。

 

ライバル意識

通っているから大丈夫でなくそういった習慣化されたものにひとつでも気を置かない事。
もし、ねらっている学校に入りたいならば、仲間とのライバル意識を捨てる気持ちも時には大切であるということなのである。

塾も家庭教師もどちらのもので成果を出すとかでなく、どっちを選んでも、最終的にはその日に出題された入試の問題が解けるかどうかということで、「一番大切」なのは、出題のほとんどは普段会話している日本語ということで、その日本語の理解をしておくということなのである。