全国模試の偏差値

全国模試の偏差値

高校受験や大学受験でのバロメータといえば一般的に「偏差値」と呼ぶものがあります。
この「偏差値」は「公開模擬試験」や「全国センター模試」などや代々木ゼミなどなどの有名塾など各予備校等での模試を受けた人全員の成績を出して、トップから最下位の成績までを計算するとその計算によってはじきだされるものなのだが、この「偏差値」が高い高校や大学がすなわち名門校と呼ばれています。

 

あくまで

しかし、この「偏差値」というのは、あくまで目標値であり、その全国一斉の模擬試験 1 linkでの成績が基準になるので、昨年やその前の年代の「偏差値」とは幾分かことなる事となる。

実際、あの有名校の昨年の「偏差値」が仮に87としても、それはその年代の成績が基準なので、それよりも低い偏差値であっても、また逆に偏差値が高くなる場合もある。

よって、その名門校によっても、大きな差は無いかもしれないが、年代によっては後輩が優秀とかという逆転現象も発生する事もあり、また、年代順に偏差値も下がっていく傾向や、そのまま同じ値である場合もある。

 

国家試験

一番大切なのは、偏差値ばかりを気に留めてしまうということで、その近くにいるのであるならば、ちゃんとした基本を抑えておけば問題はないということになる。
こうした偏差値、実は国家試験というものもあり、その年度の受験の試験問題が難題であれば偏差値も当然変化してくる。
最高得点が「100点満点」で最高点が今年度は72点とすれば、その偏差値はグンとさがり、その偏差値があらかじめ定めている最低点より高ければ合格と考えればいい。
また、この偏差値をクリアしたいのであるならば「P・D・C・A」というものを基に今一度組みなおせばよく、それを繰り返し行うと確実に成績はあがります。