富裕層になる

富裕層になる

金なし、コネなし、知識なしの人でも簡単に富裕層になるためには、まず、人当たりを良くすればいいのです。
人当たりを良くするとは、自宅を一歩出た瞬間から笑顔で挨拶をする、そして、街中ですれ違い目が合いそうな人には必ず会釈をするといったものを習慣づけてそれを続ければ、あっという間に富裕層の仲間入りが出来、おそらくあの会員制プレミアム・プライベートクラブ(YUCASEE,ゆかし)やアブラハムホールディングと関われるようになり、ニューリッチ以外の扱いをされるようになれます。

 

やっぱ買わなきゃ

実際、金運をアップさせるとか総合運をアップさせるには、運の強い人の側にいるというのが強運になる法則ですが、そうした運の強い人と思い浮かべたりしてみても、まず、身近にそういった人が何処にいるからわからないから、金なし、コネなしといった状況になっていると思えばその反対の行動をしてみるのもひとつの方法です。

しかし、挨拶をしまくるだけで何故富裕層になれるか?と思われるかも知れないのですがが、とにかく目の合った人が実は運の強い人であったりすることもあるのです。
それは、その目が合った人も、普段からそうした挨拶とか人当たりを良くしている人だったりするからです。

そうなれば、実際にそんな人が見本にもなってくるし、また、お金持ちの人ほど、ほらお金持ちだよ、だから自分の事を気付いてほしいと、ちゃんと顔に書いてあるから面白いこともあるのです。

TVなどを見ていても、金持ち喧嘩せず!といった考えを実践している人が、色んな番組に出演しています。

マスコミが何かのきっかけでお金持ちとコネを造った後に特別企画としてちょっとした宝物ならぬ古物の鑑定などを特番のように企画しては、そうしたお金持ちのお宅をわざわざ訪問して、あれこれと見物しながら鑑定額を発表すると、その宝物とおぼしき物品は、そうれはそれは高額な代金で購入したのに、偽物であったというのが殆どだったりもしますが。

 

案外周りの目を気にしていたりして

これすなわち、いちいち、そういった古物などを売りに来た人を疑いもせず、また、金持ち喧嘩せずの理念でサラリと流すのも、そうした考えの下であるというのが見て取れる場合があります。

いくら偽物を売りつけたものであってもそれもひとつの縁なりというくらいの腹積もりのようなのでしょうが、実は、そんな額の損害はそれこそビビタルものであるというものもあるし、その逆に事なかれ主義の基本姿勢が波風を立てたということが世間様に知れ渡ると恥という体裁ばかりを重んじるためなのかもしれない。

人当たりを良くすると結果的にその人当たりがいいために、まず、自分の顧客になってくれるというというメリットがあり、そうした人々のお仲間も顧客になる事で、あっという間に富裕層になれるのこともあるのです。

 

嘘っぽいが

とある人は、商品が買ってくれと輝くんだと口にした事がある。
これも勿論”縁”というものを一番先に考えているという思想のもとでの発言ですね。

ここで新たな問題が浮かび上がってくる。
それは自身もそうして繋がった人々の顧客になるということです。

Sentry セントリー 耐火・耐水金庫(1時間耐火) テンキータイプ JSW0809