バランスボールで腹筋強化

バランスボールで腹筋強化

バランスボールで腹筋・背筋の強化をするには。
バランスボールの基本形であるバウンドをすれば、腹筋そして背筋を緩め身体の歪みを矯正出来、更に、緩めた事により普段の生活の仕草などにて発生する歪みにより疲れた背中や腰部そして足部なども含め全身のアウターマッスルやインナーマッスルなどの筋肉をほぐす効果もありバウンドのポンピング動作を更に早くすれば心肺力をあげるエクササイズ効果もあります。

 

ナチュラルバウンド

この画像の動作が基本形のバウンド、そして負荷の少ないlowスタイルで、こうしたバウンドで腹筋・背筋が緩みその結果として、身体の歪みが矯正されていく。

また、こうした繰り返し動作により身体の各部位にかかっていた筋肉の緊張もほぐれていくというわけです。

ここでlowスタイルと表現したのは、通常の動作で比較的軽い動作であるということと、実は次にhiスタイルの画像も準備している。

この画像がhiスタイルである。
バウンドを大きくさせることにより、lowスタイルよりは確実に腹筋・背筋に負荷がかかるために、腹筋や背筋の強化がはかれていくだけでなく、太ももの前側の筋肉である大腿4頭筋などもあわせて強化されるということです。

 

ゆくゆくは

この動作は、太ももの大腿4頭筋を強化していくと、ゆくゆくは、内転筋という太ももの内側の筋肉も強化されていき、現代の普段の生活では鍛えられにくい部位が強化される事により、ダイエット後のリバウンドを無くす事もできる。

*バランスボールの空気圧は、こまめにチェックしましょう。