高めたいビジネススキルアップは交渉力

高めたいビジネススキルアップは交渉力

高めたいビジネススキルとビジネスマンやOLさんにアンケートをとると、交渉力と説得力という結果が出たそうです。

 

確かに、人を思い通りにとはいかないまでも自身のプレゼン(プレゼンテーション)の成功や仕事を認めてもらいたいといった願望は、そのほとんどの人が抱いているのは事実で、実際、交渉力は出世というものにも結びついてくるとも言われています。

 

力が無いから

この交渉力の相手は、取引先だけでなくもっと身近な上司にも必要となるのですが、上司にわざわざそんな事に力と時間を費やさなくてもを、もっとも簡単な裏の方法のその上司の弱みを握るというものが一番手っ取り早いかもしれないですね。

また説得力についてはスケジュール管理や段取りなどその上司という立場の人が自身の部下の育成という責任を問われたくないがために、出来の悪い部下をかばうような行動を取って組織内の他のメンバーの誰かにそういった出来の悪い部下の仕事までもやらせるような、臭いものには蓋をしながら多くの企業のあちらこちらで相当多数ある年功序列という制度にちゃっかりとのっかかっていればいいかもしれません。

 

 

 

しかし、そんな事は考えずに正当な方法で考えるのであれば、できれば左脳を使って知識を振りまく方法か、それとも相手の心にうったえる右脳中心の方法を習得するとかを選択したい。

 

左脳

左脳を使う方法にもあの○○○という職業の方がお使いになる手法もあれば、ITを駆使して文章で交渉・説得する方法もあるが、より説得力のあるものは図解入りの文章を作成すればいいと思います。
特に図解入りのものは、図や表を取り入れるのだが、その頁の始まりが図であれば図ー1、そして次も図であれば図ー2、その次が表であれば、表ー3と番号だけは連番とする事をおすすめします。

また、右寄や左寄せといった頁もあれば、どちらか一方へ寄せる方法もひとつのテクニックである。
これにより、交渉力はおそらく8倍はアップするのである。