MTBメンテナンスvol-3

MTBメンテナンスvol-3

MTB(マウンテンバイク)のメンテナンスで、結構手間取ったのがグリップ交換だった。
このグリップ、経年使用でゴムが劣化しネチャネチャしているので、即、カッターでカットしたのだが、その後の、グリップ挿入に手間取るのである。

 

魔法の水

といっても、内部に水を流し込めば、あまり力を入れ無くても挿入することができた。
こうしたグリップ、後になって気付いたのだが、グローブを嵌めていても長時間のサイクリングでは結構手が痺れてくるので、握りやすいものだけでなく、ある程度のクッション性もかね合わせたものがお奨めです。

今回はこのグリップ交換のほか、お笑い芸人コンビのチュートリアルのM-1優勝時の漫才でそのものであった、チリンチリンの鈴も交換した。
物によっては、漫才ネタのように簡単に分解できるものもあるが、今回取替えたものは、下部よりビスをねじ込む一体式のものとした。

 

長い期間

長い間自転車に乗っていないので、乗車によって鍛えられる腹筋や大腰筋というインナーマッスルなどの衰えもあるため、また、臀部の筋肉の衰えがあるために、ジェルが挿入されているサドルのカバーを取り付けた。

MTBは街のりもできるが、ロードタイプのように常にサドル部に臀部を預けるようなものでは無く、どちらかといえば、半けつ状態が60%くらいを占めてくるので、影響は少ないかもしれないが、その60%でも、2時間以上もサイクリングをすれば、やはりお尻は痛くなってくる。

 

ナップサック

と、ママチャリでないのでカゴとか荷台が無いので、ナップサックというのだろうか?
ワンコインで、ポッケに入るサイズのものを買った。
これは、サイクリング途中にスーパーやコンビニに立ち寄って飲料水や軽食または弁当などを購入したものなどを背負う事が出来るので重宝してます。

 

チリンチリン,サドルカバー,グリップ,MTB用のグリップでなくロードタイプやママチャリでもOKのものや、チリンチリンとジェル入りサドルカバーと携帯用サック。