深視力検査

深視力検査

深視力検査とは遠近感・立体感など左右両目で視る機能の視力検査で、普通2種免許並びに大型1種そして大型2種免許の取得時または免許取得後から後の免許更新時にこの深視力の検査が必然となっています。

3本の棒が垂直にそして

この検査は、3本の棒が垂直にそして並列に位置されていて、左右の2本の棒は固定で中央の1本の棒が前後する機構のものが組み込まれていて、中央の棒が固定された左右の2本の棒と横1列に並んだ時点にスイッチを押すことにより、その検査により物体が立体的に見えているというものがわかるというものである。

 

20110410-siryoku1.gif

 

 

免許更新のたびに憂鬱な気持ちに

実際、この深視力検査は免許更新の度に憂鬱な気持ちなるなど検査を受けなければならない対象者にとっては更新期限が近づくにつれ不安がつのってしまうという声があがっている。

自分も今年免許更新がありこの深視力検査を受けてきたのだが、合計3回のチェックでも問題など全く無かったのです。

 

更新手続きの前日には

目薬、そして免許の更新手続きの前日は入浴時に目の疲れを保温また冷却で緩和させ、ネットなどは極力控え、また早めの就寝といった状況は、同じ深視力検査が必要な免許を保有している人と同じだろうと思います。(視力回復法、視力補正の情報)

前回の免許更新5年前だったのでその不安はそういった試験機などが身近にないために一発勝負という気持ちで憂鬱な気持ちが倍増していたのですが、いざ本番のときの先に行う通常の視力検査を終えてからのちょっとの合間に、ゆっくりと1回瞬きをすることによってというのを思い出した結果、その3本の棒の動作もはっきりと見えたのです。

 

スタートの合図の声

この視力検査と深視力検査、その覗き込んでいるボックス内で、普通の視力検査の直後に見えてくるものが違っているということを脳に指令を送るためにもゆっくりと瞬きをするということです。
それにより、3本の棒、そして検査官のスタートの合図の声、また、その後の中央の棒の動作がどちらかに動き始めるかをみればあとは、棒の色の濃淡がはっきりとわかるのです。

ここがポイント

移動は奥からスタートするので真ん中の棒がはっきりとみえたら手前に行き過ぎているということで、この時に両サイドの色は薄くみえてますのでここで押せば遅い。

ということは、手前側からリターンでスタート位置に戻るときは薄くなった位置が合致しているということです。

そして、また奥側でリターンした場合は薄い段階でスイッチを押せば合致しているということで、とにかくはっきり見えてスイッチを押すととにかく遅いとなります。

、ちなみに、深視力の検査用の有料または無料ソフトがネット内を検索すればいいのけど、そのものズバリでチェックやトレーニングすることも大切だが、こうした自身の脳にリセットさせる間を持つことをひとつ覚えておいて下さい。

 

これは簡単それに無料でできるぞ

 

・深視力トレーニング

 

輻輳トレーニングというものがある。
この輻輳トレーニングは2本のボールペンまたは棒状のものを左右それぞれの手で持ち、一方を目から10~15cm離した所そしてもう一方をいっぱいに真っ直ぐに手を伸ばした状態として、目の近くにある棒を両目で直視すると、目一杯伸ばした側の棒が2本に見えるというものを確認する方法みたい。
この方法、ボールペンや棒が無い場合には、左右それぞれの人差し指を使っても簡単にチェックできます。
この時、2本に見える棒の中に目の近くにある棒が入るようにしていけば、深視力のトレーニングにも結びつくもののようです。
仕事の合間や自宅でも簡単に出来るのでおすすめです。

 

 

・目及び周辺の筋力トレーニング

 

目の前に左右どちらかの人差し指を立てた状態にして、この人差し指をゆっくりと動かし、その動きを両目で追従するという方法で弱った視力の回復法

 

*常日頃からこうしたトレーニングをしていると免許更新の時に不安にならずにすみます。
また、最近では深視力用のメガネもあるそうです。

しかし、目の検査といえば、片側ずつ目を隠してから数メートル先のひらがなまたは記号の向きを見るという視力検査が一般的ですが、こうした深視力検査という特殊な検査の及第点をクリアしているひとが、大型トラックや大型バスまたタクシーなどを運転しているということでやっぱり運転は上手いということとなります。
そういえば、バッティングセンターの豪速球確か200km/hのスピードの球をバットに当てることができる人は、長距離トラックのドライバー経験者だったことも頷けますね。

ランキング

*このページと相互リンクを希望のお方は下記から

相互リンクのリンクモスト