パッソ ETC取付け

パッソ ETC取付け

以前、通販で自家用自動車用のETCを購入したお話を書きましたが、このETCを、いよいよパッソ(PASSO,passo)・ブーン(BOON,boon)*1に取付をする工程を記していきます。

 

必要な知識

取付けに必要な知識は電源の+,-とかバッテリーまたアクセサリー(ACC,acc)電源、常時電源、ヒューズ(エーモン工業,amon)などの電装品について知っていれば、オートバックスやイエローハット、モンテカルロ他ホームセンター(圧着ペンチ他工具)に出向けば購入出来るものばかりです。

ETC,

 

蓋を開けて

楽天 で購入したETC車載器の箱を開けて、まず取扱説明書を取り出して中身の数を含めて欠品を確認。
異常が無いので電源ケーブルを確認しながらとりだすと、供給側に簡易な電源取出しパーツが付いている。
そして、説明書によるとACC電源に接続となっている。

 

その方法にあわせるためにパッソ本体の取扱説明書でヒューズを確認するとACCとCIGが目にはいってきた。

  • 注1パッソとダイハツ・ブーンは全く同じ。


CIGは?

なるほどCIGはシガーライターで当然ACC電源で、現在はビデオカメラやiphodとかMP3ブレーヤー、そして携帯電話の充電以外は使用しないのでここから取出す事に決定。

 

早速、自宅近くのホームセンターに出掛け当部容量の電源取出しパーツとそれに接続するギボシを購入した。
*2

 

また、この電源取出しパーツに供給側の線を接続するため合うギボシを取付準備完了。

 

まずはアンテナ線を

で、これからは車側に取り付けるために、まず、アンテナ線を車検シール近くまで這わせて助手席側ピラーのモールを外し内部にアンテナ線を入れた。

アンテナ,ETC,

*3

ETC,アンテナ,パッキン,
注:アンテナケーブルは特殊なものなので、押さえこんだり挟んだり折り曲げないように。

 

 

せまいところは荷造り紐を使って

アンテナ線のETC接続側端に荷造り紐を軽く縛って下部に紐を入れて行き、ヒューズ部カバーを外し、紐が見えたらアンテナ線と紐を持ってスルスルと紐を引っ張りながらETC取付位置まで導く。
CIGヒューズを電源取出しヒューズに取り替えケーブルのアース線をボディに繋いだのちに供給側を接続し、更にETCに繋ぎ電源ON。

電源取り出しヒューズ,
青い線が新たな電源取り出しヒューズ

 

 

ピーピーピー!

LEDが赤色点灯から点滅に変わった。
次にETCカード*4を差し込んでみるとLEDが緑色に変わった。

よし!
異常無し。

電源をOFFにしてETCを定位置に固定した。

ETC,本体固定,

ETC,
アンテナケーブルは折り曲げないように。

 

 

いよいよ試運転

後は、トールゲートを実際に通過してみるだけ。

ここでおさらい。
アンテナ分離型は地上から2mまでの位置に…。
それだけ確認して車をスタート、時間は22時過ぎ。
夜間は滅多に車が通らない有料入口へ。

速度は20km/hで進入すると、はい!OK!と言わんばかりでサッツとバーが開きました。
その後別の所でも通過したが問題なし。

これで夏休みは遠出できます。

    • 注2エーモン:ミニ平型ヒューズ15A/5A

  • 注3ボディ側ゴムバッキンを軽く引っ張ると簡単に外れるし、こうするとモールとボディの間に隙間が出来るのでこちらも軽く引っ張ると容易に外れた。

 

  • 注4ETCカードはイオンのカードを発行した時点で頼みもしないのに一緒に送付されてきていたもの。