潜在視聴率

潜在視聴率

TVの視聴率を測る指標のひとつに潜在視聴率というものがあります。
ほら、よくいうあれですあれ。
”私、視聴率持っています”というあれです。

そのタレントさんなど個人が保有する視聴率をこの潜在視聴率といい、その潜在視聴率のパーセンテージが高いタレントさんを番組に起用すれば、当然その番組自体の視聴率も安定という形で跳ね返ってくるとなるわけで、プロデューサーやディレクターにとっては、他のタレントのセッティングもしやすくなる番組制作や維持、はたまた新番組などの起案、立案もたやすくなってくる大変ありがたいものだそうですよ。

この潜在視聴率は、タレントさんや女優または俳優さんのギャラのベースにもなってきて、視聴者に受けのよいタレントになろうと必死でブログの更新をされている人も多くいます。

ただし、ブロガーとして超人気の売れっ子であっても、それ以前の仕事も加味されるので、一概に潜在視聴率が高いから即時にギャラに跳ね返ってくるわけでなく、いくら可愛くても、いくらブログで心境を報告又は経緯を報告していても、その番組でいかにその実力を発揮させるかというのが、タレントまたは俳優さん自身でもあるので、人気のバロメーターの清潔、露出とあわせたのちのそれに付加する駆け引きが基本となってくると思えます。

 

週刊誌の記事

個々のタレントや女優、俳優陣のこの潜在視聴率の値については一部週刊誌の記事として世に知らされ、また、この潜在視聴率の測る基準もブログの女王やギネス記録保有者の他、やはりNHKの紅白などの晦日の大舞台に何らかの形で携わっているというものが背景となっていることもあり、パーセンテージが高くて露出も多くても、知性が無いというものや清潔感にかけるというものがあれば、同期ではなかろうか?といったタレントよりもギャラが低い人も多くいるのが実情ではないでしょうか。

どの局のどの番組にも出演しているタレントは、潜在視聴率のパーセンテージが関係ない売り出し中のタレントさんなどで更にバーターでないとなれば、ギャラが安いのかもしれない。

興味のある人は、そういった週刊誌や、プロのエキストラはたまた、TVの製作側の下っ端の人とお友達になれば面白い情報がゲットできるかもね。

潜在視聴率[検索]