Canon EF50mm F1.8Ⅱを買った。

Canon EF50mm F1.8Ⅱを買った。

交換レンズとして明るいレンズの単焦点Canon EF50mm F1.8Ⅱを買った。
もちろん、価格.com経由で更に安く入手させていただきました。

デジタル一眼レフにしろ、それ以前の銀塩の一眼レフにしろそうしたカメラを購入する時には、こうした明るいレンズを購入しろというのがプロのカメラマンの話で、巷で写真教室などなどを開いているどの写真家も、レンズのいいものをとしか言わないらしいというのを後に知った。

となるとボディはどうなるの?
そのボディはそこそこの初心者でも扱えるものでいいらしく、今回購入したような明るいレンズを買って、あとはシャッター速度と絞りとを調整して例えば屋外写真であれば背景の空をより青くするためにこのどちらかをあわせればできるということを写真教室で教えているらしい。

まあ、青空とかはC-PL(銀塩はPL)フィルターを使えばいいし、ハレーションや白とびを抑えたいためにひとつ絞らずNDフィルターをかませばよく、その他ソフトフィルターやフォギーフィルターなどを使えばいいのだが、こうした明るいレンズはそれすらいらないとまでいう人もいるらしい。

で、このCanon EF50mm F1.8Ⅱレンズを使ってみると、なんと、確かに簡単に被写体のバックをボケさせることもできるし、そのために周りを綺麗に掃除をしなくてもいいという評判どおりだったし、屋内写真でも料理の写真などを撮影しても味わい深さまでを引き出してくれるような移り具合である。

そして屋外ではシャッター速度を上げて背景の青空をだせるので、とにかく初心者には心強い代物です。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

あとは、カメラ側の被写界深度設定でのピントあわせを練習すれば、これ一本で風景やポートレートや屋内外の諸所の撮影に使えそう。
ちなみに、この明るいレンズは単焦点であるため、ピントあわせの時には自身の体を前後に動かす必要があるが、慣れれば薄暗い室内でもピントを合わすのには手間はかかりません。

欲を言えば、20万円前後の明るいレンズがほしいのだけど、今は腕を磨かないと。