危険物取扱者試験 仮想・予想問題vol2a

危険物取扱者試験 仮想・予想問題vol2a

甲・乙・丙種危険物仮想・予想問題(過去問をベース)
危険物の定義と性質

[11]消防法に定める危険物の区分について誤っているのはどれか。

1.第6類危険物は酸化性液体であって代表的なものに過酸化水素がある。
2.第1類危険物は酸化性固体であって代表的なものに硫黄がある。
3.第3類危険物は自然発火性及び禁水性物質であって代表的なものに石灰がある。
4.第4類危険物は引火性液体であって代表的なものにメタノールがある。
5.第2類危険物は可燃性固体であって代表的なものに鉄粉がある。

[12]消防法に定める危険物の区分について、次のうち誤っているのはどれか。

1.ニトログリセリンは自己反応性物質で第5類に区分されている。
2.硝酸は第1類危険物に区分されていてその性質は酸化性固体である。
3.赤リンは可燃性固体であって第2類危険物に区分されている。
4.固形アルコールは可燃性固体であって第2類危険物に区分されている。
5.アセトンはゲル状のもので第5類危険物に区分されている。

 

答えは続きで

= 第4類の詳細はこちら

[13]消防法に定める危険物の区分について、次のうち正しいものはどれか。

1.自己反応性物質は比較的低い温度で多量の熱を発生する。
2.酸化性固体は、そのもの自体も激しく燃える特性を持つ。
3.可燃性固体は、高温によらなければ着火はしない。
4.酸化性液体は、そのもの自体が燃焼する非常に危険なものである。
5.引火性液体は、その液体中に火気が入らないと燃焼しない。

[14]消防法に定める危険物の区分について、誤っているのはどれか。

1.代表的なものにニトログリセリンがある危険物は第5類危険物である。
2.代表的なものに硝酸がある危険物は第2類危険物である。
3.代表的なものに過酸化カリウムがある危険物は第1類危険物である。
4.代表的なものに五フッ化臭素がある危険物は第6類危険物である。
5.代表的なものにアルキルアルニウムがある危険物は第3類危険物である。

[15]消防法に定める危険物の区分について、次のうち誤っているものはどれか。

1.空気にさらされることにより自然に発火する危険物は第3類の特性である。
2.燃焼が早く消化する事が困難な危険物は第2類の特性である。
3.可燃物と混合したとき、熱、衝撃、水によって分解する危険物は第1類の特性である。
4.液体であって引火性を有する危険物は第4類の特性である。
5.加熱分解などにより比較的低い温度で多量の熱を発する危険物は第5類の特性である。

[16]消防法に定める危険物の区分について、正しいものはいくつあるかか。

・第1類危険物の特性のひとつは他の物質を酸化させるものである。
・第2類危険物の特性のひとつは可燃性物質である。
・第3類危険物の特性のひとつは自然発火性,禁水性物質である。
・第5類危険物の特性のひとつは自己燃焼を起こし易い物質である。
・第6類危険物の特性のひとつは支燃性物質である。

1.1つ
2.3つ
3.5つ
4.4つ
5.ひとつもない

[17]消防法に定める危険物の区分について、次のうち誤っているものはどれか。

1.代表的なものにアセトンがある危険物は第5類危険物である。
2.代表的なものに硝酸がある危険物は第1類危険物である。
3.代表的なものに鉄粉がある危険物は第2類危険物である。
4.代表的なものにトリニトロトルエンがある危険物は第5類危険物である。
5.代表的なものにアルキルアルニウムがある危険物は第3類危険物である。

[18]消防法に定める危険物の区分について、次のうち誤っているものはどれか。

1.第4類第1石油類の代表的なものにガソリンがある。
2.第4類第2石油類の代表的なものにキシレンがある。
3.第4類に特殊引火物が区分されている。
4.第4類第3石油類の代表的なものに二硫化炭素がある。
5.第4類第4石油類の代表的なものにえの油がある。

[19]消防法に定める危険物の区分について、次のうち正しいものはどれか。

1.第1類危険物の性質に不燃物質という特徴がある。
2.第1類危険物の状態は酸化性液体である。
3.第1類危険物の性質に他の物質の燃焼を支える特徴がある。
4.第5類危険物の性質に窒素含有物質という特徴がある。
5.第5類危険物の性質は不燃物質という特徴がある。

[20]消防法に定める危険物の区分について、次のうち正しいものはどれか。

1.第2類危険物は酸化性固体である。
2.第1類危険物は酸化性液体である。
3.第3類危険物は可燃性固体である。
4.第6類危険物は自然発火性物質である。
5.第5類危険物は自己反応性物質である。

正解

[11] 3
[12] 5
[13] 1
[14] 2
[15] 3
[16] 3
[17] 1
[18] 4
[19] 1
[20] 5