学問のすすめは福沢諭吉

学問のすすめは福沢諭吉

福沢諭吉
福沢諭吉の残した代表的な言葉に「天は人の上に人をつくらず人の下に人をつくらず」というものがあります。
この言葉の意味としては当時は貧富の差はあるがその差は学問によって埋め戻されるという意味合いで『学問のすすめ』という著書に結びついていくのです。
そして彼は現代では成績優秀で更にお坊ちゃまが通う学校という位置づけにされている慶應義塾大学の創設でも有名な人です。

元々武士という立場であった彼がそれまで長く続いた封建制度という日本の多くの民にとってはそれはそれは辛くそして苦しい時代が大政奉還によって改変され、更に電気や蒸気機関等と驚くくらいの文明の利器の導入により進化に向かう中、この国の民のその位置づけに疑問を呈しつつ、その民たちに読み書き等を使って例えばコミュニケーション法というのでしょうか人と人との差を極力無に近づけようとでも思ったのでしょうか、これまでの時代背景を重く受け止めていた彼がなにかにひらめいた瞬間に、おそらくその手法はこれしかないと感じ取ったのでしょう。

今では1万円札内に印刷されていて多くの人にも広く知れ渡っている彼も慶應義塾大学の設立といったそうした発動という前向きな姿勢がここに結びついているのでしょう。

人と人との差を埋めるのは知識というのは大変よく理解できます。
そして、さらにこの差は知識の習得量でなく得た知識の活用では特に責任の所在という事が一番大切であると教えてくれているように思えます。