不動産価値が下落しマンション売却オーナーが増殖

不動産価値が下落しマンション売却オーナーが増殖

国内の主要都市では、2000年代に入ってからマンションの建設ラッシュで連立されたのはいいが、いつまでも続く不況続きにより、財テクを目論み購入し賃貸として貸し出していたオーナー達が、不動産価値の下落によりさらに家賃の下落も追い討ちをかけるように発生しているため売却を考えているようだ。

確かに、規制緩和でこれまでは商業地には住宅を建設できず、また、借地権という法整備も手伝って主要都市部の割と中心に近い商業地域に多くのマンションが建設されてきた。

日本人は良いと思ったらみなが同じ行動に走るためにひとつのちょっとした規制緩和だけで、おどろくくらいのスピードで建設が進んでいく。
実際、過去より根こそぎさらっていく日本人を戒める言葉もあるようだが、これも不況という景気の底が主原因のようにも思えるが、マスコミからの情報が錯綜しているのも大いに関係しているのかもしれない。

いずれにせよ、マンションの売却については、一等地に近い場所の部屋であれば売却なども簡単であるが、共用費などの未払い云々で思ったように進まないとも言われています。
オーナーさん。
不動産屋さんに任せるのもいいけれど、人任せばかりでなく少しは知識を入れておいたほうがいいかも。