インフルエンザの予防

インフルエンザの予防

インフルエンザの予防方法

インフルエンザとは別名流行性感冒ともいわれ、インフルエンザウイルスによる急性感染症の一種です。
発病すると、高熱や筋肉痛などの症状が現れ、場合によっては急性脳症などで死亡する事もある、
またインフルエンザは風邪と同じような症状が発生するもので、一般的な風邪とは違うものです。

 

媒介は鳥だけじゃない

インフルエンザでよくにするのは、鳥が媒介とする鳥インフルエンザの他、馬インフルエンザや猫インフルエンザ、そして豚インフルエンザは数年前パンデミックという言葉と共に流行りとても有名となった。

 

学級閉鎖の経験は?

また、インフルエンザといえば、毎年、冬場になると、このインフルエンザにかかった子供達により、小学校・中学校。そして高校などでクラス内の欠席する児童・生徒が一定数を超えた場合には学級閉鎖という処置を取るということでも有名である。
ちなみに、この学級閉鎖を経験した事の無い人は、学校に行かなくてもいいと羨ましがるが、実のところ閉鎖したクラスは、閉鎖期間が長くなれば当然習得する勉強の時間が少なくなるので、休日を返上して授業を受ける場合もある。

・インフルエンザの型
A型とB型がありA型は重篤になりやすい

・インフルエンザの症状
悪寒、発熱、頭痛、筋肉痛のほか、腹痛、下痢、嘔吐といったひどい症状がある。

・インフルエンザの予防
1.手洗いの励行(石鹸を使用するとなお良い)
2.うがいの励行
3.マスクの着用
4.予防接種 小学校・中学校・高校と学校で希望者のみ有料で予防接種を受けた経験がある人も多いが、社会人になると、個別に医院、病院で予防注射を接種ができる。

 

日ごろの習慣

特に手洗いとうがいなどのこれらを日ごろから習慣付けておくことが大切、また、マスクの着用も、通勤・通学時だけでなく、スーパー、デパート、モール他映画館や休日の公共交通機関の利用時など多くの人が利用、出入りする場所に出かけるときに習慣化すると予防効果がある。

 

 

体調管理

*風邪なども含め体調を整えておけば病気にはかかりにくくなるが、ネットの時代、携帯電話やPCのキーボードでの文字入力や、ゲームなどのためのコントローラー操作などで酷使する、指や腕または肩の凝りをほぐしておけば、それだけで疲れは緩和される。
実際自分で確認する方法として、疲れていれば上腕部を軽く握るだけでも飛び上がるほどの痛みが蓄積されている。
他人の上腕部を握って調べる場合は特に要注意。
もし、この部位に疲れがあれば、入浴時にマッサージまた、液体・クリーム状などを含む湿布剤を使用するか、家族に肩・腕のマッサージを依頼するか、お金を払ってマッサージをしてもらう。

 

空気洗浄機があればベター

5.室内の換気をこまめに行うとか、空気清浄機などによりハウスダストなどを軽減しておけば、インフルエンザ以外のものによる、くしゃみ等もなくなり、感染初期であっても飛沫によりインフルエンザウイルスの拡散を防止できる。