寒くなるとかかりやすい中耳炎

寒くなるとかかりやすい中耳炎

運動をする人は季節に関係なく屋内外でせっせと汗を流すことだけに捉われることが多くあります。
そういった汗を流すことだけに重きを置いているととんでもない病気を招きいれることもあり、特に寒くなる季節の変わり目などには中炎などの病気になることもあります。

 

の病気で頭に浮かぶのが中
この中炎、プールとかの水泳などで水がの中に入ることのほか、気温差や気圧差で体内とのバランスが取れにくくなり、また、流行性感冒や軽微な病気のかぜなどで発生することもあります。

 

[検索]

慢性化膿性中

鼓膜にあいた孔がいつまでもふさがらない状態で、症状としてはだれや難聴がある。

 

真珠腫性中

鼓膜に孔が開き皮膚組織が中に入り込んで増殖する。
まわりの骨を破壊し内まで及ぶと顔面神経まひが起こることもある。

こうした中炎は、水泳のときの抜きや、かぜや季節の代わりの気圧の変化のへかかる圧力が影響して発生することも多々あるそうです。

をかむ動作も特に注意をはらうことも必要となってきます。