掃除機の進化

掃除機の進化

日本の国内で販売されている掃除機のタイプはおおまかにわけて3種類あります。
ひとつは、従来型の紙パック式。
そしてふたつめはダイソンの得意分野であるサイクロン方式。
みっつめは”忙しいご家庭”にというような感じのキャッチフレーズとして売り出されている自走ロボット方式というものです。

 

紙パック

従来型の紙パック方式は、比較的安い価格で手に入れることができまた形も昔からかわらないので馴染みやすいのもうなづけます。

サイクロン

サイクロン方式は工場などの大型の集塵装置に使われる方式の物で、とにかく吸引力というか従来型の掃除機では取れないゴミや塵などのほか、CMだけをみる限りではあるが水など液体も吸引するというとにかくチリ一つ残さないというものが売りというものです。

Dyson DC26 CF DC26CFTHENT

ロボット

そして、多くの主婦や横着な人が欲しいと思っているのではないかと思われるのがロボット型。
部屋内の隅から隅までとにかく縦横無尽にというか、プログラミンされた指示でなく部屋内での位置までを、人工知能にて学習・処理しながら進歩していくロボット型は留守時や夜間に勝手に掃除をしてくれるので、風水で運気を上昇させたいかたは何が何でも手に入れたい物ではないでしょうか。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

ゾウさん

こうした掃除機、ジャバラホースにパイプを接続する見た目で陸上の最大哺乳動物のゾウのように表現されるものの他に、スティック型のものも販売されています。
ちなみに、ヤマダ電機やビックカメラやDEODEOなどedionグループ店やコジマ各家電量販店でパナソニック・東芝・サンヨー・ダイソン等のメーカ品の現物を手に持って確認するのもひとつの方法です。

秋・冬という季節になれば着る物も増えてきます。
それに、コタツや寝具にしても毛布を一枚二枚と増やさないといけないために、衣類くずや布団など寝具のくずがどうしてもでてきます。
こうしたくずを放置していると、ダニなどのよくない害虫も発生しやすくなるために、部屋などはとにかく綺麗にしておきたいものですね。

掃除機[検索]