壁面マガジンラックDIY

壁面マガジンラックDIY

週刊誌や月刊誌などの雑誌に日刊新聞誌それに機関紙や料理本やファッション誌、その他レッスン書など書籍などが増えてくると、そのままカウンターやテーブルの上やコタツの上に置かれてしまい、こうして整理ができなくなるとインテリアどころの問題ではなく、こうした所帯じみた環境下では料理もお菓子もそしてケーキもティータイムもすべてが空回りなんて事はないですか?

そんな問題をクリアするにはマガジンラックや棚を購入するかDIYで自作するしかありません。

それも、どうせならラックや棚など出っ張りの無いスッキリとみえるものにしたいし、何より、インテリア的効果を演出するものを作ろうかなと・・・

ホームセンターにでかけ材料を物色していると、北国の寒さ対策として一躍有名になった窓内側に簡易レールを上下に設置し、工事用の薄いパネルを防寒材として使用する、イメージとしては雨戸が室内のそれも窓の内側にあるというものを思い起こしてもらえればよくて、その比較的安価で設置できるものに使われている断面M型のアルミのレールがありました。

おお、これこれと納得して買って帰り、壁面の寸法を測り、そして鉄鋸でせっせとカットし、壁面の骨材のある場所にあわせてドリルで穴加工して木ビスで留めるという方法にしました。

,壁面ラック,マガジンラック

これが完成画像で、本の落下防止用のゴムは、網戸用のゴムパッキンがあまっていたので、左右にステップルを上下2箇所づつ打ち込み、それに一本のゴムを上下に張ってゴムの滑りにくい特性を利用して落下防止としています。
DIYコーナーには、L型(アルミアングル)やステンレスパイプや木製の手すり用、その手すりを固定するパーツも豊富にあり、どれにしようかと迷ったのですが、まずは、壁面から突出が少ない、このアルミ部材は断面では縦横とも9m/mと、ドアの外ふちよりも出っ張らないものが丁度よいと思ったのです。

,壁面ラック,マガジンラック

こちらのラックは、比較的軽いCD/DVDケースや本なので、本の裏面にワンコインショップで購入した強力磁石をテープで固定またはゴム(紐,リボン)に固定して、壁面にサムタック(画鋲、押しピン)を差込んで磁石で簡易的にくっつけて自立させています。

材料費は、アルミの部材と強力磁石、画鋲に網戸用のゴムパッキンこれらすべてをあわせてもトータルで1,000円もかかってません。

  ワンコインショップや100均などで揃えるお部屋のインテリアアイテム色々

このラックは本・雑誌を受ける幅がわずか9m/mとなっているため、木ネジも小さいものを使用していますので、表計算やワープロソフト用の取扱説明書や六法全書や広辞苑のような枕代わりにもなりそうな分厚い書物を展示はできません。
あくまでも、軽いもので特に週刊/月刊誌や機関誌や日刊新聞誌など新刊が発刊されるたびに入れ替えサイクルの比較的短い物のためのものです。
こうした書物は表紙も四季など色とりどりのものを使うために壁面のディスプレイのインテリア効果は数倍アップします。