Canon kissX6iの新機種を発表

Canon kissX6iの新機種を発表

Canonのkissシリーズで女性に人気のあるデジタル1眼kissX5がついこの前発売されたと思ったら、X6iという新型が発表された。

このkiss x6iは通常のカメラ機能の少しの改良と液晶のタッチパネルで撮影のON/OFFができるものが装備されているようだ。
従来のデジタル1眼の静止画撮影の機能はこれから情報が溢れてくるだろうが、このkissx6iはどうやら移動しながら動画撮影を出来るといったものを充実させているようなニュアンスが伝わってきている。

巷で暇なカメラファンは新型新型と騒いでいるようだけど、実はこうした新型発表のものにはひとつ注意をしておかなければならないことがある。
というのは機械や機器などスイッチなど機械的に動作するもの、動作によって摩擦や磨耗により故障が起きるということを前提としておかなければならない。

電気製品にしろ、メーカの1年保証というものが実はこれで、機械や機器また家電などを含む相したもの全般は、約1年間は初期故障があってその後安定期に入り、そして古くなればなるほど偶発的に故障が発生するものというこれを表にすれば丁度洋風のバスタブの断面に煮ていることからバスタブカーブという呼称で表現される。

ここでピンときた人がいるかもしれない。
そうです、家電店などで5年保証というものは、購入後1年以内に発生した呼称は家電店はメーカに無償修理を依頼し、その後の2~5年までの間の故障を保証しますというものなのです。
しかし、2~5年内に発生する故障はほとんどなく、悪い言い方をすればこの保証制度は家電店のいわゆるぼったくり行為なのに、ユーザが知らずにお金を払っているということなんです。

カメラなどの機器は機械だけでなく電子等の基盤などもあり更に問題が多く発生する傾向にある。
こうしたカメラ機器は発表後1年以上経過して購入するのが安心なんです。
iphoneもipadも初期故障が多かったのでは?