第二音戸大橋開通

第二音戸大橋開通

呉市警固屋から同市音戸町へ掛かる第二音戸大橋の通行が始まった。
古い音戸大橋は、歩行者の歩行は出来るものの歩道と車道の区別も無く歩行は大変危険な状況だったが、この新しい橋は、歩道が設けられていて安全に歩行が出来る。

対岸の音戸側にバイクを停めて警固屋側へと歩いてみたが、橋の上にたどり着くまで吹き上げてくる強風に飛ばされそうにフラフラさせられたが、不思議なことに橋上ではピタッと風がやむのです。

海上からの高さは39メートルとなっているが、その高さの橋の上を歩いた経験が無いのでかなりの驚きを感じた。

第二音戸大橋

 

 

ところで、最近は中国のPM2.5などという迷惑な粉塵が飛来してきていて、青空の写真が撮れにくくなってます。

この写真は露出を弄っているのですっきりとはしてないけど一応C-PLフィルターを取り付けて撮影してます。(風が強くてハレきり出来ずフレア・ゴーストがでてるみたい)

RAW画像保存でcanonのDPPでレタッチ