iPhone5からのマップにはナビ機能もついて凄いらしい

iPhone5からのマップにはナビ機能もついて凄いらしい

Apple 社のiPhoneに標準装備のマップはgoogle社のマップだったものが、iPhone5からは自社製のマップに変わり、そのマップの精度については、その画面上で駅の場所が実はコンビニだったとか、道も間違いだらけという噂だったのですが、その後の数回のiOSのアップデートで、それら不具合部の修正が施され、今ではgooglemapにはないという機能満載のナビまで装備されているそうです。

 

まずは、マップの標準では標準、地図+写真、そして航空写真という3パターンが選べるし、3D表示がより便利であるという声を聞きます。

そして、ナビ機能は、行き先を検索してセットし、その後自分のいる場所をセットする。
そして経路の選択を押すと画面右上に出発という表示が出て、その出発を押すとナビ機能として動き出すというものだそうです。

画面には、スタート時には平面画で表示されていて、それから移動をはじめ右左折の場所が近づくと、その交差点など分かれ道の画面が3D表示に切り替わります。
当然、音声案内もしてくれて後○○m先右・左折などといった具合で、もちろん、音声で行き先の住所または会社名やショッピングモール名などや、アミューズメントパークなどを検索してから、ナビ機能を選択しても動作しますし、車などの車載でなく、ウオーキング中や、歩行時などにも手持ちでナビを使用できますので数倍うれしいものですし、わざわ車載用のナビを買う必要もありません。

実は、これらの機能の他にiOSにはホームボタン長押しで切り替わるSiriといった・・・

当然iPadも同じです。
詳しくはappleのウエブで。
apple map

ここでもうひとつのお話を

iphone等を使っているとOSのアップデートが不定期に実施されていますが、このOSのアップデートを行う前にやっておかなければならないことがあります。

それは、アプデの前にバックアップを必ずとっておいたほうがよいということです。

詳しくはこちらのページのアプデ