ソニーフルサイズミラーレスα7Sの話題

ソニーフルサイズミラーレスα7Sの話題

フルサイズミラーレスを他社より早く発売しているソニーが、この度、同じフルサイズミラーレス機で4K動画出力に対応したα7Sを海外で発表しましたが、この機種、ISO感度が半端なく大きい数値のもので、有効1,220万画素、常用ISO100-102,400、拡張ISO50ー409,600というものですが、常用MAXで10万を超えている、また、拡張では40万を超えたISO感度となると、闇夜や暗所の撮影まではいかないにしろ、新月あたりの月夜での撮影が充分出来るということで大騒ぎ状態になっているということです。

憧れの35mmフルサイズ機に合わせて、ミラーレスというショックレスのカメラだけでも嬉しいものなのに、それでわずかな明かりでも三脚いらずで手持ち撮影できるとなれば、神秘な天上の世界に益々興味を抱くのは当然のことですからね。

ただし、常用で40万超えのISO感度では静止画を実際に拡大して印刷した時には、ザラザラ感なども目立つでしょうが、この機種は動画の対応という事で流行の4Kテレビに対応できるということで、おそらく、マスコミ関係者例えば事件現場に出向くことのある記者さんたちには待ち遠しいものであると思います。

事件の起きる場所は、時には過酷な場所もあるので、脚立なども含め軽い機材を持ち歩ける事はそれは負担も少なく、体力の維持も出来ますからね。

ミラーレスとは、従来のミラー機構上撮影時に余分な動作により発生するショックを全く無しにしたもので、ショックレスと表現したほうがわかりやすいのですが、カメラの歴史上ミラーがあることが必要な時代が長年続いていたのでこう呼ぶのが妥当なのでしょうかね?