デジタル1眼とコンデジ

デジタル1眼とコンデジ

数年前にストックフォトの紹介コーナーがあり、それまでデジタルカメラ市場は、コンパクトデジカメ略してコンデジが占めていました。

というのは、その頃のデジタル1眼レフはとにかく高い、2~5万円で買えるコンデジに比べ、30万円前後というデジタル1眼の差はあまりにも大きく、普通の人が持つ趣味にしては、おいそれと手が届かない商品を取り揃えないとならないものでした。

しかし、そのストックフォトが紹介される頃には、このデジタル1眼の価格が半分以下に下がって、いや、1/3に下がってくれたのです。

今では、ボディが3~4万円、レンズは1本1万円弱から4万円くらいで買えるものもあり、それでマクロから広角そして望遠までカバーできます。

コンデジの倍の値段で、画素数は数倍、画素数が多ければやはり仕上がりも綺麗になりますから、そういった面を鑑みても、デジタル1眼は今が買い時になってきているのではないでしょうか。

しかし、安くなったとはいえ、ハイアマチュアモデルなどはやはり30万円くらいしますので、趣味を突き詰めていくとするのならやはりお高いものとなりますが、こうした高いものについては、中古のマーケットもしっかり存在していますので、そういったマーケットを利用しながら、自分の撮りたい被写体をみつけるのも面白いものです。

動物園に出かけて動物を撮るのも中々面白いですし、実際、美大生は実践していて、小さな画用紙に書いたり大きい画用紙に書いたりと試行錯誤でデッサンの腕をあげているようです。

確かに動物の骨格や毛並み、そして大きさをどう画像に収めるかを考えながら有効な時間を過ごすのもひとつの方法ですので、コンデジとデジタル1眼両方を持って出かけるのもいいと思います。