デジタル1眼レンズ手振れ補正機構CanonはISNikonはVR

デジタル1眼レンズ手振れ補正機構CanonはISNikonはVR

カメラ製造販売各社のデジタル一眼カメラやレンズにも、手持ち撮影時に効果を発揮し女性でも重さのある機材を簡単に取り扱えるように、手振れ補正機構が組み込まれているものもあり、国内でも代表的なメーカーのCanonではIS(イメージスタビライザー)、NikonではVR(バイブレーションリダクション)という手振れ補正システムを搭載しているレンズがあります。

この2社以外ではカメラボディ側に組み込まれているものが多くありますが、この2社では、それでなくても重いデジタル1眼カメラまたはレンズの重さの軽減、ボディ・レンズのコスト低減、また機構を組み込むことによる故障リスクの軽減のためと、レンズ性能やそのレンズの重心位置などを甘味もして付属可否等すみ分けをされているのでしょう。

この手振れ補正機能の付いているレンズについては、メリット・デメリット等一長一短あるのですが、そのひとつとして三脚使用時にはオフるという新語まで出来ている始末です。

実際、この手振れ補正機構付きのレンズを使ってみると、手振れ防止のために連写やシャッター速度を早めにするなどの他、特にボディがフルサイズ機の場合には、そのシャッター振れの問題も考えておかなければならないので大変喜ばしい機構です。