東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの人材・施設の品質の高さに驚き

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの人材・施設の品質の高さに驚き

東京ディズニーランド略称TDLと、東京ディズニーシー略称TDSに行って品質の高さに再度驚きました。

数ある国内のテーマパークのイベントや遊具の完成度は、それはそれなりのものですが、イベントの走りはやはりディズニーが始まりなので、その元となるものもないなかでかなりの、感動を与えてくれるものではありますし、何故かじわーっつと涙が出そうなくらいなものですよね。

なんか畏まった文章になってしまいましたが、一番驚いたのがウエストランドリバー鉄道の流れるような走行には、設計と品質そしてメンテナンスに携わるスタッフのスキルの高さとにはマシーンの保全を経験している人には、かなりの高評価を与えるとも聞きます。

特に、あのウエスタンリバー鉄道の流れる走行性は、レールの継ぎ目の無しというか、また、連結されている客車とのしゃくりもほとんどゼロで、まるで新幹線の走行に近いものであるのは、脱帽波だそうです。

考えてみれば、あの場所は埋め立て場所、東北大震災の地震の時には駐車場などが液状化云々でニュースになったくらいの場所なので、そういった埋め立て場所で走行の安定性とみると100%以上の成果だと思えます。

いやいや、なんか堅苦しい書き方ですけど、マジ、夢の世界はこうしたスタッフなどの裏方の力添えあってのものと考えると、他のテーマパークに行ったことのあるものとしては、TDLとTDSの右に出るものは無し、ディズニーランドはアメリカ発のアメリカンクオリティであるし、それを維持するジャパンクオリティも中々のものであって、模写テーマパークを作ったあの国の人のクオリティの低さと比べるのはかなり失礼な話なのでこうなったのでしょうが・・・

 

そうですね、九州は長崎オランダ村にハウステンボス、スペースワールド、そして、広島の呉ポートピア、四国のレオマワールド、そして大阪のUSJに伊勢志摩のスペイン村、そしてこのTDLとTDSに行った経験からすると、大人がまた行きたいと思うのは、このTDLとTDSのほかには大阪のUSJくらいですかね。