あなたの古着の処分方法は?

あなたの古着の処分方法は?

毎年、年に最低でも2回は衣替えで箪笥やクローゼット内で夏冬服などの入れ替えをされている方も多いはずで、この衣服の入れ替えをしていて古くなった衣類や、数年着ていない衣類の処分はどうしているかとアンケートをとってみると、燃えるごみで処分が一番多く、その次に行政の区役所や市役所など役場に持っていくという人が意外と多くいるようです。

2番めがフリーマーケットというのなら納得できますが、まさか、古着を役場に持っていくとは一体どういうことなのか・・・

答えは簡単、海外の途上国に寄付するとかというものらしく、大震災などの後にもそうした古着の寄付を求めたことでお金よりもまずは着るものと、企業は格安衣類のお店に出向いて買い付け、またお年よりなども古着などを行政経由で寄付された方が多くいたというのが、これらアンケートの結果だそうです。

なるほど、やはりフリマもそこそこいたのかと思ったのですが、あのフリマもブティックなどが扱っているブランド品なら売れやすいのでしょうけど、それ以外のものは国産というか日本製のもの以はまとめて持っていってもらうという笑い話も多くあります。

実際、自分も年数回衣替えでチェックしますが、問屋などではじめから履きもしないのはわかっていたのに、その価格が破格値だったので買ったというか、そういったクロップドパンツなども案の定、処分となったこともあります。

以前耳にした話ですが、日本赤十字に集まった寄付金は、全てこうした古着など物資に変えて海外などに支援物資として送るらしいです。

これも、途上国などにお金を送ると、その国を統治したりする行政などで実権を握っている権力者が着服するという悲しい出来事が数多くあったということから、そういった物資に変えてということらしいですが、そういった物資であっても、現地に着くまでには、半数以上のものは略取されるので、現地で買い付ける方法をとる場合もあります。

ちなみに、行政で募るこうした古着は、破れ汚れのないものというのが基本で、汚損破損の著しいものは引き取ってもらえませんので、よく調べて持ち込んでください。