意外と知られていないiPhone検索窓の入力位置を見えない文字列の最後等に移動させる方法

意外と知られていないiPhone検索窓の入力位置を見えない文字列の最後等に移動させる方法

パソコンを使っていると、文字列の頭、中間やそして最後に点滅している入力位置を表示する縦棒(キャレット)を、マウスまたはキーボードの矢印キーを操作してその位置まで移動させれば、誤字や脱字または文章の付け加えなどや変更・削除などができますが、iPhoneを使っていてそういった状況が発生していた場合はどうしていますか?

実は、キャレットがある位置や指で文字列の上をタップして、その見えている場所からバックスペースで削除しながら修正するという方が圧倒的に多いようです。

こうした見えている箇所にタップしているときに、何か変わった表示がされているのに気付いている人なら話は早いのですが、しかし、その表示には、選択、全選択、ペーストといった表示しかないというのならそれは行きすぎで、その前にでるものです。

確かに、コピペをするにはその文字や数字を選択か全選択をプッシュすればいいのですが、この場合は、誤字の修正や脱字の入力また文章を付け足していく方法であって、文章の頭・中間・最終文字にキャレットをあわせる方法ではありませんから、その選択・全選択・コピーと表示される前に出る、拡大鏡の状態で操作をすればいいだけなんです。

拡大鏡が出たらその状態のままで指を左右どちらかに移動させると、文字列も移動するので脱字、誤字など修正したい場所で再度文字または数字やアイコンなど特殊入力など入力することができます。

こうした、拡大鏡の使用は、長いURLなどの確認などの時に重宝しますが、友人・知人などに長文のメッセージを送る場合には間違いは失礼にあたるので、こうした機能を知っておくと、入力した内容の確認が容易に出来るため、誤字・脱字やまるまる抜けていたワードなどに気付かずに恥などもかかないとか、そうした失敗によって信頼を失ってしまう場合もありますから注意が必要ですね。