きゅうりはダイエットだけでなく心臓にもいいって本当ですか?

きゅうりはダイエットだけでなく心臓にもいいって本当ですか?

きゅうりって、利尿効果が高くて、また、夏野菜で身体を冷やしてくれるということで、夏場のドライブインなどでは割り箸に刺して一夜漬けのようにしたものとか、そのまま冷やしたものが販売されていたりしますし、芸能人などの差し入れなどにこうしたきゅうりの一本箸刺しがされるとききますが、実は、きゅうりは心臓にもとても良いということも聞きます。

何故、きゅうりがダイエットによいかというと、利尿効果ともうひとつはカリウムを多く含んでいる食材であるということです。

やせる為には、むくむという大敵を退治してくれる利尿作用の多いものと、特に日本人は塩分の摂取量が多いと言われるため、摂取したナトリウムを排出して高血圧を予防するためにこのカリウムが必要といわれています。

ということで、心臓にカリウムが必要ということは、この高血圧を予防するためにカリウムの多い食材を食べればよいわけで、そのほとんどが水分でまたカロリーも少なく、そしてナトリウムを排出してくれ、また、利尿作用により体内に溜まりやすい脂肪などのほか、身体にとっては多くは必要でないがたまると病気の原因になる、それらのあまった不純物をきゅうりが流しだしてくれるために、こんなもので簡単に手っ取り早く高血圧や心臓病予防にも効果があるということです。

そういわれれば、心臓が強い人はカリウムの多い食材をよく口にしていると効きますが、あまり多く摂取すると、例えばサプリメントなどを飲んでいる人には、その養分が尿とともに流れ出るため、サプリメントの効果が半減してしまうというデメリットもあります。

また、きゅうりは、料理をするにしても、スライスやカットしてサラダとか生としてそのまま食べれますし、ぬかに漬けて漬物、ワカメとお酢と一緒にあえてなますとか、寿司と海苔巻きでかっぱ巻きとか、お隣の国のソウルフードなどにも使用されていたり、野菜炒めや蛸や鶏肉やトマトなどとの相性もいいので加熱する料理にもあいます。