自転車・原付・2輪車で内転筋の締め付けでスッキリ細い脚に

自転車・原付・2輪車で内転筋の締め付けでスッキリ細い脚に

女子高生や学生また原付に乗っている人をみると、多くは股を広げていわゆるがに股で乗車していますが、せっかく脚を細くするチャンスなのにもったいないと思ってしまいます。 特に女子高生は見せパンを履いている安心感からなのか、ますますがに股がひどいようで・・・

このがに股乗車も自転車などではシートの高さが低いために起こりうるものや、子供を乗せるためのままチャリなどではそういった姿勢はいたしかたないものでもあるようです。

しかし、先ほども書いたように、せっかく脚を細くするチャンスなのに、それに気付いていないというのが気になって今回記事を書いてみました。

スクータータイプ以外の2輪車またはバイクといわれる乗り物は、燃料タンクがちょうど股の前面に取り付けられ、このためにバイクは乗り降り時に足を大きく広げてまたぐという動作が必要です。

エンジンをかけてさてスタートとなるのですが、この燃料タンクを両脚で挟み込む姿勢で乗車するのですが、この挟み込むためには内転筋というものが鍛えられていきます。

また、挟み込むことにより、バイクの直進だけでなくカーブでの走行性も安定したものになり、免許の取得時にもそういった姿勢を安全運転という観念も含めて自動車学校や教習所などで習うのですが、原付は学科試験だけで乗れるために、こうしたタンクを挟み込むという姿勢が走行安定性が良いなんて知るよしも無く、また、スクータータイプの原付が常識となっているために自転車の延長で乗車する人が必然的に多くなり、がに股乗車となるのです。

では、このスクータータイプの原付でがに股でなく、内転筋を鍛錬することは出来ないのですか?と聞かれたことがありますが、原付のシートを真上からみると、ちょうど股から太もものあたりがそのあたりにということで、くびれていて両脚で挟み込むような形状になっているのです。

そうなんです。

原付でも、両脚を締め付ける姿勢で運転できるように製作されているので、最初は意識しないと身体に覚えこませることはできませんが、数回乗車すれば両脚の挟み込みで内転筋が鍛錬されてすっきりと細い脚となるのです。