水耕栽培 野菜育成LED照明台を100均スノコで自作してみた。

水耕栽培 野菜育成LED照明台を100均スノコで自作してみた。

水耕栽培用の照明として、赤青LEDのタイプを使用していましたが、これから日照時間が短くなるため、通常のLED電球を購入したのですが、ネットサーフィン中に、水耕栽培キットとして、受け台と背板部が木材で製作されたオシャレなものがあったので、それを真似て100均のスノコを使って自作しました。

100均のスノコと言えば、セリアまたはワッツあたりの小物のものがぴったりで、受け台を横長、背板部を縦長として、木工用ボンドと小サイズの釘と木ネジで取付けました。
このスノコは、ダイソー食器用トレイを置いてちょうどサイズがぴったりに収まるもので、その写真を掲載しておきます。

IMG_0873

屋外にて、防虫ネットで保護をして太陽光の下で大事に育ててきたベビーリーフが、ちょうど添え野菜として食べごろになってきたので室内の+手の届くところに移動しました。
昨日までは、100均で揃えたボールとざるで育成中のハーブ類を発芽から5日経ったので、それと入れ替えとなったのですが、これからは、水菜やサラダ菜、スイスチャード、ラディッシュなどと入れ替える時期となっているので、これから毎日忙しくなります。

U-ING GreenFarm 水耕栽培器 U-ING GreenFarmCube 水耕栽培器 ホワイト   ハイポニカ液体肥料500mlセット

そして、参考にしたのがこのキット
NatureBox 水耕栽培キット Cube -Wood- ナチュラル/ホワイト